スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

木製ヌンチャク&蹴り技の練習動画

誕生日祝いに友人から木製ヌンチャクをプレゼントしてもらったので、
ヌンチャクと蹴り技のコンビネーションにトライしてみました!



使ってみた所感ですが、やはり慣性がかなりかかるので制御が難しいです。

振り抜くだけなら難しくないのですが、それだと大振りになるので、
小回りを利かせようと思うと、戻しのテクニックが求められます。

武器としては、幻惑効果が非常に高いため、
蹴りや打撃、体当たりなど混ぜると良い感じに嫌らしくなりそうですね〜

相手にヒットしても振り抜けるのが強みかもしれません。

尚、今回初めてのヌンチャク動画でしたが、
こちらのシリーズを参考にさせていただきました!

非常に分かりやすくて、私のような初心者向きです。





スーツ&ナイフで蹴り技コンビネーション解説

今回はスーツ着用のうえで、素手のコンビネーションから懐のナイフ(に見立てた短棒)を抜刀する動画を撮影しました。

「護身なのに抜刀ってなんすか…」

「サラリーマンがナイフ持ってたらアウトだろ…」

と、ツッコミ満載の内容ですがご容赦ください(汗)



構成1:後退から不意に前にステップしてワンツー&フック。そのまま回転して抜刀→サイドキックに派生させ、更に踏み込んで斬り付け&キックで〆。サイドキックから前方に踏み込む際にバランスを崩しやすいのですが、重心を落とすように踏み込むと滑るように踏み込めます。蹴りの後の踏み込みや後退は何かと応用が利くので練習して損は無いです。

構成2:横方向に踏み込みながらアッパー&バックアッパーキック。そのまま浴びせ蹴りから抜刀して斬り付けて後ろ回し蹴りで〆。浴びせ蹴り以降は演出ですが、棒立ちから大きく踏み込んだアッパーは意外と奇襲として機能します。万一に備えてアッパーする手と反対の手は顔面付近にセットして防御に回しましょう(動画では抜刀に備えて腰に手を添えていますが、本来ならお勧めできないです)。

構成3:股間蹴りから怯んだ相手の膝を狙った踏み蹴り(斧刃脚)、派生してサイドキックから抜刀して逆手のナイフラッシュ&後ろ回し蹴りで〆。股間蹴りも踏み蹴りも護身術的には下段狙いで比較的リスクが少ない蹴りなので、派手な蹴りを覚える前にマスターしたい蹴りです。ただし顔面が空きがちになるので、蹴る際には手を顔面付近に置いておきましょう。稀にですが、蹴りが決まった際に前につんのめった相手に当たることもありますので。

構成4:後ろから首を絞められた場合を想定して、手で股間打ち&肘打ちを入れてからバックキック&抜刀。ソロだと分かりにくいですが、首絞めを解除する際に少し横にスライドすると相手の力を逃がしつつ、股間を強打しやすくなります。一回決まらなくても股間打ちのモーションは小さいので連打してもOKです。…ってこれ蹴りの解説じゃないな…

構成5:両手を上げた降参のポーズから踏み込んでブラジリアンキック&抜刀突き。最終的にこれも後ろ回し蹴りで〆ています。棒立ち状態から踏み込んで攻撃する場合のポイントは、踏み込みと攻撃を分けないことですね。接近と攻撃がほぼ同じタイミングだと奇襲の成功率が上がります。後は、踏み込む際に沈み込むように入るとスピードが出やすくなります。

構成6:歩きつつバックアッパーキック&掴みから膝蹴り。膝蹴り後は抜刀から逆手刺ししてハイキックで〆。基本的に相手の攻撃を回避しながらの蹴りは、リーチ差から後方や斜め後ろ、横方向に動きながらがセオリーですが、動画のようにやや前方にスライドしながら蹴るケースもあります。相手からすると視覚外から足がかっとんでくるので予想外にダメージが大きくなることもあります。ただし、前に回避しながらの蹴りは間合いが詰まる分、十分に膝をたたむ必要があり、練習しないと上手く決まりません。

構成7:わざとらしくナイフを見せつつ反対の手で殴打する奇襲構成。防御側として注意するべきポイントは、やはりナイフだけ見ないことですね。実際にはどうしても見てしまうのですが、相手の空いている手足も十分な脅威ですし、視覚外からの攻撃を受けてしまうと、その後の展開が非常に危険になります。まぁ動画のようにわざとらしく近づいてきてくれる相手はそうそう居ないですが…


ビジネスバッグと蹴り技コンビネーション動画

今回はサラリーマン必携のビジネスバッグを武器にして蹴りわざと組み合わせました。

実戦的には、重量のあるビジネスバッグを持ったまま蹴るのは、バランス上リスクが高いのですが、まぁ動画なのでトレーニングも兼ねてトライです。



構成1:サイドスウェイからサイドキック・鞄連携
正面からの攻撃を回避しつつ蹴るイメージの構成です。鞄をヨーヨーのように突き出していますが、失敗すると鞄が吹っ飛んでいくのでおススメしません。

構成2:フロントキックから鞄連携
歩きざまにフロントキックを繰り出します。歩数調整などせずにスムーズに蹴ることができれば理想的ですね~

構成3:体当たりからのサイドキック
鞄を盾に見立てて体当たりしサイドキックでふっ飛ばします。鞄振り回しは失敗すると(以下略)

構成4:キャッチからの膝蹴り
動画だと分かり難いですが、鞄で視界をふさぎつつ右手で相手の首筋をキャッチして膝蹴りを叩き込みます。
鞄の脇から手が出てくるので固まっている相手には有効ですが、至近距離に接近するのでリスクもあります。

構成5:体当たりからの斧刃蹴(踏み蹴り)
鞄に意識を向けさせて接近しつつ、脛~膝を踏むように蹴り付けます。
接近戦では意外に有効ですね。動画ではさらにサイドキックに派生させて鞄で滅多打ちにしています。

構成6:鞄投げからブラジリアンキック
これも鞄でフェイントを加えつつ、さらに奇襲技のブラジリアンキックで攻めています。
鞄の紐でヨーヨーのようにしていますが、実際には放り投げてもOKです。…貴重品が入っていなければ。

構成7:鞄上げから後ろ回し蹴り
鞄を正面に突き出して視界を塞いでから後ろ回し蹴り。
鞄の重量でバランスを崩さないよう注意が必要です。

構成8:金的&ローキック
無抵抗のポーズから金的&ローキックと比較的実践的な連携です。
鞄で足元を見えにくくしているのがポイント。ひるんだ相手を体当たりなどで吹っ飛ばしたら逃げましょう。

構成9:ボビングからサイドキック
相手の攻撃をくぐるように回避して蹴り。
動画だと少し前傾になってしまっていますが、相手が蹴ってくると非常に危険なので悪い例だと思ってください。







カテゴリ
プロフィール

蹴り技ポータル

Author:蹴り技ポータル
蹴り技情報を配信。

中の人は普通の三十路サラリーマンで、中国拳法と軍隊護身術メインに修行中。

ただし紹介する蹴り技は特に流派問わずです。

YouTubeにて蹴り技に挑戦中ですが…まだまだ未熟です。

YouTubeチャンネル

なお、当サイトの内容は、管理人の知識と経験に基づいたものであり、効果と安全性を保障するものではありません。
もし実践される場合は、各自自己責任で行って下さいませ。何卒ご了承下さい。

著作権フリーBGM配布サイト HURT RECORD 応援バナー

twitter
おススメサイト更新情報
お勧めリンク
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
491位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
格闘技
31位
アクセスランキングを見る>>
アクセス数
メッセージフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。