スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

奇襲からフォローまで、蹴り技の花形技!後ろ廻し蹴り(各論)

前回は後ろ廻し蹴りのメリット・デメリットについて書きましたが、
今回は、具体的に蹴る場合のポイントについて書いていきます。

■ 蹴る場所

 上段なら、こめかみの部分。
 顔面

 中段なら、肋骨の最下段付近を、
 斜め下から蹴り込んでいきます。
 横三枚


■ 当てる場所

 様々当て方はありますが、足首を伸ばして足刀部分で蹴ると、
 一点に力が集中しやすいです(下図の赤色部分を中心とした、足裏部分)。
 足刀

 バットでなぎ倒す様になぎ倒す方法もありますが、
 ピッケルで急所を穿つように蹴ると、相手へのダメージも大きくなります。

 ※ イメージ:ピッケルの先端で蹴るようにする。今回はかかと側なので黄色部分で当てるイメージ。
 ピッケルイメージ


■ 注意点

 後ろ廻し蹴りは、普通の蹴りと異なり動作数が多いので、
 注意すべき点は多々ありますが、今回は基本的な3つの注意事項に限定します。

 1.相手を目視する

  後ろ廻し蹴りを速く蹴ろうとして焦ると、足だけ先行してしまいますが、
  足が先行するとかえって、体全体が回転に付いていけずに、バランスの悪い蹴りになります。

  むしろ、腰を回転させた際に、上半身~肩をしっかり捻転させて相手を目視し、
  下半身に回転が付くようにタメを作ると、強烈な勢いの回転が生まれます。

  相手を目視することを意識すると、体の捻転を作りやすいので、試してみてください。


 2.回転中は重心を落とす

  膝が伸びて高い重心で回転してしまうと、視界が回転することも相まって、
  非常にバランスを崩しやすい蹴りになってしまいます。
 
  ネジを埋め込むように、回転中は重心をむしろ落とした方が安定します。

  また、重心を落とすと、相手から見た場合の
  全体表面積が狭まるので、幻惑効果も高くなります。
  

 3.蹴りを出すまで膝は抱え込む

  蹴り足の膝が伸びてしまうと、軌道が大きな弧を描いてしまい、
  相手に察知されやすくなってしまいます。

  相手に察知されると、ブロックされてしまって反撃されるリスクが跳ね上がるので、
  下図の様に相手から見て小さい弧を描くように蹴る必要がありますが、
  これは、普通の蹴りと同じで、蹴る直前まで膝をしっかり抱えることで実現できます。
  後ろ廻し蹴りの軌道

  加えて膝を抱え込めば、後ろ廻し足刀蹴り(後日紹介)との選択も迫れるので、
  練習中は癖付けるようにしてみましょう。


後ろ廻し蹴りのごく基本的なポイントは以上です。
参考動画:上記3点を盛り込んだ華麗な後ろ廻し蹴り。


慣れてくると、更に意識すべき注意点も増えてきますが、
まずは、3つくらいに絞って、一個一個課題をクリアしていくと、
上達速度も加速度的に速まるので、トライしてみてください。

関連記事

テーマ : 格闘技
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
プロフィール

蹴り技ポータル

Author:蹴り技ポータル
蹴り技情報を配信。

中の人は普通の三十路サラリーマンで、中国拳法と軍隊護身術メインに修行中。

ただし紹介する蹴り技は特に流派問わずです。

YouTubeにて蹴り技に挑戦中ですが…まだまだ未熟です。

YouTubeチャンネル

なお、当サイトの内容は、管理人の知識と経験に基づいたものであり、効果と安全性を保障するものではありません。
もし実践される場合は、各自自己責任で行って下さいませ。何卒ご了承下さい。

著作権フリーBGM配布サイト HURT RECORD 応援バナー

twitter
おススメサイト更新情報
お勧めリンク
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
292位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
格闘技
18位
アクセスランキングを見る>>
アクセス数
メッセージフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。