スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ディフェンス的な蹴り技、待ち蹴り・ストッピングによる出鼻挫きについて。

蹴り技というと、攻めの場面や「ここぞ!」という場面で決めるイメージがありますが、
リーチの長さを活かして、相手の出鼻を挫くディフェンス的な用途で使うと効果的です。

参考動画:相手の廻し蹴りを悉く潰してしまいます。


相手を迎撃する蹴りの場合、強い蹴りを前に放つというよりも、
相手の突っ込んでくるタイミングを見計らって、足を置く感じで繰り出します。

きちんとタイミングが合うと、相手が勝手に足に突っ込んでくれるので、
攻撃の勢いを止めることが出来るというわけです。

タイミングが完璧なら、相手にとっては相当に嫌らしい防御方法ですが、
使い方を間違えると足を払われたり捕られたりしますし、
場合によっては、足ごとこちらを吹き飛ばしてくることもあります…

そこで、今回はディフェンス的な蹴りを行う場合の注意点を紹介します。


1.相手に近い方の足で蹴る
 
 遠い方の足で蹴ると、相手の踏み込みスピードが速い場合に、
 蹴りが間に合わないので、相手に近い方の足で蹴るようにしましょう。


2.膝をしっかり上げる

 下からすくい上げるような蹴りだと、相手を押し返せませんし、
 突っ込んでくる相手の膝に足が当たって怪我することもあります。

 相手にとって、こちらの足がつっかえ棒になるように、
 膝をしっかり上げて、真っ直ぐ相手に足を繰り出しましょう。


3.重心を落とす

 体重差があったり、相手の突っ込む勢いが強いと、
 蹴り足ごと体を吹っ飛ばされることがあります。

 蹴りの際に重心を落として安定させるのは基本ですが、
 相手を迎撃する場合は、いつも以上に重心を落とすことを意識しましょう。


4.自分の後方に重心を乗せない

 ストッピングをする場合、自分の後方に重心が行ってしまうと、
 せっかく蹴りが決まっても、追撃のタイミングが遅れます。

 また回避された場合に、前に重心がかかっていれば、
 フォローの攻撃で相手の勢いを止められますが、
 後ろに重心がかかっていると、そのまま相手に畳み掛けられてしまいます。

 蹴った後のことも考えて、あまり後方に重心を乗せないようにしましょう。


5.腕で顔面をガードしておく

 ストッピングでよくある事故が、相手を止められたものの、
 勢いの残った手が顔面に当たってしまうケースです。

 そもそも、相手を止められないケースもあるので、
 万一に備えて、腕は顔面付近に置いてガードポジションを取っておきましょう。


6.蹴りばかりに拘らない

 蹴りで止めることに拘りすぎると、相手に察知されますし、
 ある程度近い間合いなら、パンチや掌底、諸手の方がストッピングとして効果的です。

 間合いによって武器を変えられるように、
 普段から様々パターンを試してみましょう。



ディフェンス的な蹴りは、直線的な軌道を描くので、
タイミングが合えば、廻し系の蹴りなども止められます。

力の無い方でも、有効な撃退手段なので、
胴を着けた相手に突っ込んでもらって、
蹴りで止める練習をしてみましょう。



関連記事

テーマ : 格闘技
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
プロフィール

蹴り技ポータル

Author:蹴り技ポータル
蹴り技情報を配信。

中の人は普通の三十路サラリーマンで、中国拳法と軍隊護身術メインに修行中。

ただし紹介する蹴り技は特に流派問わずです。

YouTubeにて蹴り技に挑戦中ですが…まだまだ未熟です。

YouTubeチャンネル

なお、当サイトの内容は、管理人の知識と経験に基づいたものであり、効果と安全性を保障するものではありません。
もし実践される場合は、各自自己責任で行って下さいませ。何卒ご了承下さい。

著作権フリーBGM配布サイト HURT RECORD 応援バナー

twitter
おススメサイト更新情報
お勧めリンク
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
318位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
格闘技
18位
アクセスランキングを見る>>
アクセス数
メッセージフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。