スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

牽制や攪乱に使う蹴り技。相手の不意を突くローキック(インロー:内腿へのローキック総論)

前回まで外腿を狙うアウトローキックについて書きましたが、
今回は、内腿を狙うインローキックについて書いていきます。

一般的にローキックと言うと、外腿を狙うローキックを連想しがちですが、
内腿を狙うローキックも効果的な蹴り技の一つです。

まずは総論と言うことで、使う場面を書いてから、
メリット・デメリットを書いていこうと思います。


■ 使いどころ

 1.コンビネーションに混ぜる

 基本的には前足で素早く蹴る技なので、
 アウトローに比べて、モーションが小さいのが特徴です。

 なので、パンチを織り交ぜて蹴ったり、
 アウトローを混ぜて蹴ったりすることで、
 相手の意識を上下に揺さぶっていくことが出来ます。

 参考動画:下段上段と畳み掛けて本命のストレートを入れるなどコンビネーションの幅が広がります。
 
 
 2.牽制として使う

 打点の低さに加えて、アウトロー以上に
 モーションが小さいので、とっさの牽制に活かすことが出来ます。

 特に、構えている状態からのインローは、
 蹴り足以外の体勢がほとんど変わらないので、
 牽制からパンチにスムーズにつなげられるのが強みです。

 またタイミングと当たる角度にもよりますが、
 相手がこちらに踏み込もうとした瞬間に決まると、
 足がガニ股に開くので、すかさず股間蹴りなどを決めることが可能です。

 参考動画:なお、牽制とは言え、ダメージは蓄積していくので、何度も蹴ると相手も行動不能に陥ります。
 
 
 
 3.組んできた相手に使う
 
 相手が組んできて両手が使えなかったり、拮抗状態の場合に、
 とっさに前足でインローを繰り出すことで、拮抗状態を崩すことができます。

 もちろん、この状態であれば金的を蹴るのが理想ですが、
 相手の状態が前のめりで股間まで足が届かない場合や、
 そもそも競技的に股間を蹴れない場合は、インローで代用することが出来ます。
 
 参考動画:組んできた相手にインロー一閃
 


■ メリット

 ・防ぎにくい  : ほぼ股間蹴りと同じく、打点が低いうえにモーションが小さいので、非常に見切りにくく、防ぎにくいのが特徴です。

 ・体が開く   : インローが綺麗に決まると、相手の脚が外に開くので、正面に体が開きます。そのため、こちらとしてはパンチや股間蹴り等の連携を決めやすくなります。

 ・過剰性が無い : 頭部や腹部への蹴りと違って、生理機能を傷害したり、致死性のダメージに至るケースは少ないので、相手に必要以上の大怪我をさせなくて済むことが多いです。


■ デメリット

 ・リーチが短い : アウトローと同じく、特に威力重視で脛で蹴る場合は、リーチが短くなるので、パンチの間合いまで近づく必要があります。もっとも、インローの場合は、コンビネーションとの相性が良いので、さほど大きな欠点ではないです。

 ・脚を痛める  : アウトロー同様に、誤って相手の脛や膝を蹴ってしまうと、逆に自分の足を痛めます。当たり方が悪いと、逆に蹴った側が行動不能に陥ります。

 ・即効性は低い : 股間蹴りと違って、軽く当たった程度ではダメージにならないので、牽制目的ならともかく、インローで決めようというのであれば、しっかり脛で当て込む必要があります。もっとも、相手との位置関係上、きっちり当てるには技術が必要になるので、アウトロー程のお手軽さは低いです。


インローは、アウトロー同様に自分の脚を痛めるリスクもありますが、
攻撃のバリエーションが広がるので、これも、選択肢の一つとして覚えると便利ですね。

股間蹴りとセットで覚えて損は無い蹴りです。

次回は、インローキックの蹴る場所・当てる場所・注意点など各論を書きます。

関連記事

テーマ : 格闘技
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
プロフィール

蹴り技ポータル

Author:蹴り技ポータル
蹴り技情報を配信。

中の人は普通の三十路サラリーマンで、中国拳法と軍隊護身術メインに修行中。

ただし紹介する蹴り技は特に流派問わずです。

YouTubeにて蹴り技に挑戦中ですが…まだまだ未熟です。

YouTubeチャンネル

なお、当サイトの内容は、管理人の知識と経験に基づいたものであり、効果と安全性を保障するものではありません。
もし実践される場合は、各自自己責任で行って下さいませ。何卒ご了承下さい。

著作権フリーBGM配布サイト HURT RECORD 応援バナー

twitter
おススメサイト更新情報
お勧めリンク
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
292位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
格闘技
18位
アクセスランキングを見る>>
アクセス数
メッセージフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。