スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

牽制から戦意喪失まで。相手の機動力を奪うローキック(アウトロー:外腿へのローキック総論)

ローキックとは、その名のとおり、相手の脚(太腿)を狙って蹴る蹴り技です。

バリエーションとしては、ざっくり分けると、
相手の外腿を狙うパターン(アウトロー)と、
相手の内腿を狙うパターン(インロー)の2パターンがありますが、
今回は、「相手の外腿を狙うパターン(アウトロー)」について解説します


見た目は地味ですが、きちんと使えば非常に効果の大きい蹴り技なので、
まずは、メリット・デメリット、使いどころなど、総論的な部分を書いていこうと思います。


■ メリット

 ・難易度が低い : 脚を高く上げる必要が無く、バランス維持などをそこまで深刻に考える必要がないのでフォームの習得に関しては敷居が低いです。

 ・防ぎにくい  : 打点が低く、手も届きにくいので非常に防ぎにくいです。戻りも速いので、防いでから反撃しようとしても、その頃には相手の体勢が元に戻っているケースも多いです。

 ・威力がある  : 一般的にダメージが低いイメージのローキックですが、きちんと当たるとまともに歩けないくらいの破壊力を秘めており、威力は高いです。もちろん、致死性・致傷性と言う意味ではミドル・ハイキックに一歩譲りますが、ローとて戦闘不能にさせる程度の破壊力はあります。

 ・連発性がある : ローキックは打点が低いこともあって、直ぐに足を戻せます。そのため、何度も連続して蹴ったり、他の蹴り技を後発で素早く出すなど、連発した攻撃に向いています。

 ・過剰性が無い : 頭部や腹部への蹴りと違って、生理機能を傷害したり、致死性のダメージに至るケースは少ないので、相手に必要以上の大怪我をさせなくて済むことが多いです。ただし、しばらく歩けなくなる程度のダメージは与えられます。


■ デメリット

 ・リーチが短い : 特に威力重視で脛で蹴る場合は、リーチが短くなるので、パンチの間合いまで近づく必要があります。もっとも、パンチとほぼ同じ間合いであるからこそ、コンビネーションをする場合は、相性がいいとも言えますが。

 ・脚を痛める  : 誤って相手の脛や膝を蹴ってしまうと、逆に自分の足を痛めます。脛の場合は言わずもがなですが、足の甲で蹴る場合であっても相当に痛いです。こうなると、逆に蹴った側が行動不能に陥ります。

 ・即効性は低い : 体重差や状況にもよりますが、一回当たって即ダウン…と言う程の即効性は低いです。なので、ダウンさせたり、完全に行動不能にするなら、同じ場所を何回か蹴る必要があります。とはいえ、きちんと当たれば相手の動きは相当に鈍ります。

上記のように、難易度・リスクの低さの割に
効果が高いこともあって、実戦的な蹴り技の一つと言えるかと思います。


■ 使いどころ

 1.コンビネーションに混ぜる

 ローキックは打点が低く、距離が近いと相手の視界に入りにくいので、
 パンチのコンビネーションと混ぜると、相当に相手を揺さぶれます。

 どこかのタイミングでパンチなりローキックが決まると、
 相手も冷静さを欠いてくるので、よりコンビネーションが決まりやすくなりますね。

 参考動画:牽制で上段に意識を向けておいてからの鋭いローキック…えげつない(汗)
 
 

 2.牽制として使う

 ローキックは打点が低いので、何度も連発して蹴ることが出来ます。

 そこで、このローキックを牽制として出しておいて、
 時には、ローキックの後にすかさずミドルやハイキックを入れたり、
 焦れて手を出してきた相手を迎撃するなどの用途で使うと効果的です。


 3.大怪我させたくはないが戦意を喪失させたい場合に使う

 威力が低いイメージのローキックですが、
 きっちり当たれば一発で崩れるケースも珍しくないです。

 もちろん、ハイキックやミドルキックのような、
 致死性・致傷性は低いものの、戦意を喪失させるには十分なダメージを見込めます。


ローキックは、自分の脚を痛めるリスクもありますが、
きちんと使えば非常に効果的なので、選択肢の一つとして覚えると便利ですね。

次回は、アウトローキックの蹴る場所・当てる場所・注意点など各論を書きます。




 
関連記事

テーマ : 格闘技
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
プロフィール

蹴り技ポータル

Author:蹴り技ポータル
蹴り技情報を配信。

中の人は普通の三十路サラリーマンで、中国拳法と軍隊護身術メインに修行中。

ただし紹介する蹴り技は特に流派問わずです。

YouTubeにて蹴り技に挑戦中ですが…まだまだ未熟です。

YouTubeチャンネル

なお、当サイトの内容は、管理人の知識と経験に基づいたものであり、効果と安全性を保障するものではありません。
もし実践される場合は、各自自己責任で行って下さいませ。何卒ご了承下さい。

著作権フリーBGM配布サイト HURT RECORD 応援バナー

twitter
おススメサイト更新情報
お勧めリンク
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
266位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
格闘技
14位
アクセスランキングを見る>>
アクセス数
メッセージフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。