スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

靴の有無で蹴り技練習の効果が変わる!目的に応じた練習方法。

普段、蹴り技の練習をする際、皆様は靴を履いて練習しますでしょうか。

一概には言えませんが、
格闘技系(空手、極真空手、少林寺拳法、ムエタイなど)だと、裸足で練習することが多く、
護身術系(サバット、システマ、クラヴマガなど)だと、靴を履いて練習することが多いようです。

実は、靴の有無で蹴りの練習効果が微妙に異なるので、
時には、普段しない練習方法で蹴りの練習を行うのもおススメです。


■ 裸足の場合に期待できる効果

 ・ 直に素肌が当たるので、脚が全体的に頑丈になる。
 ・ 何もつけない状態で蹴るので、軽やかに蹴りを出すことが出来る。
 ・ (練習環境にもよりますが)寒さに強くなる。

 普段靴を履いて蹴り技の練習をしている人が、裸足で蹴り技…
 特に廻し蹴り系を行うと、反動のダメージにけっこうビックリします。

 足を踏まれるなど、怪我に注意する必要はありますが、脚を頑丈にするなら、
 裸足で蹴りの練習をすることには、それなりの効果がありますね。

 裸足の代表例:極真空手など。彼らの脚はもはや素早く重い凶器です。
 
 


■ 靴の場合に期待できる効果

 ・ 靴の効果で蹴りが当たっても足が痛みにくいので、思い切って蹴れる(蹴れてしまうとも言う)。
 ・ 靴の重量がある分、フォームと筋力が整っていないとスピードが出ない。
 ・ 実生活では靴を履いている機会が多いので、実践的な感覚はつきやすい。

 靴を履いて蹴る場合、脚に帰ってくるダメージを軽減できるので、
 思い切って蹴れるというメリットがあります。

 靴の種類によっては、疑似的に裸足では難しい足先蹴りなども出来るので、
 身体の使い方を覚えるために、蹴りの練習回数をこなすには、靴を履いている方が向いています。

 また、これも靴の重量にもよりますが、脚の先端に重りが付いたのと同様の状態になりますので、
 普段裸足の方が靴を履いて蹴りの練習をすると、ちょっと違和感を覚えるかもしれません。

 実生活では路上の戦闘も観念できるので、時には靴を履いて蹴ってみると良いですね。

 靴の代表例:サバット、システマ、クラヴマガなど。靴の重量が加算されるので、破壊力は侮れません。
 
 
 


どちらが優れているか否か…と言うよりも、靴の有無と言うちょっとした違いで、
蹴りの感覚が大幅に変わることを認識すると、練習の幅も広がるので、
時には、普段蹴り慣れている状態とは違う状況で蹴りの練習をしてみてください。







関連記事

テーマ : 格闘技
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
プロフィール

蹴り技ポータル

Author:蹴り技ポータル
蹴り技情報を配信。

中の人は普通の三十路サラリーマンで、中国拳法と軍隊護身術メインに修行中。

ただし紹介する蹴り技は特に流派問わずです。

YouTubeにて蹴り技に挑戦中ですが…まだまだ未熟です。

YouTubeチャンネル

なお、当サイトの内容は、管理人の知識と経験に基づいたものであり、効果と安全性を保障するものではありません。
もし実践される場合は、各自自己責任で行って下さいませ。何卒ご了承下さい。

著作権フリーBGM配布サイト HURT RECORD 応援バナー

twitter
おススメサイト更新情報
お勧めリンク
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
318位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
格闘技
18位
アクセスランキングを見る>>
アクセス数
メッセージフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。