スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

相手の中段廻し蹴りを効果的にディフェンスする方法(早く反応できた場合)

前回、中段廻し蹴りに対するディフェンスの総論について書きましたが、
今回は少し深入りして、廻し蹴りに対して「早く反応できた場合」の
アプローチについて解説していきます。

前回書いたとおり、廻し蹴りの脅威は、
遠心力によって生じる強力な破壊力です。

裏を返せば、遠心力が生じる前に
蹴りをつぶすことが出来れば、さほどダメージを負わずに
中段への廻し蹴りを防御することが出来ます。

そこで、中段への廻し蹴りに対して、
早く蹴りに反応できた場合や、蹴りの発動を予見できた場合は、
遠心力が生じる前に、何らかの手段で蹴りを潰してしまうことが効果的です。

具体的な方法については、
以下、様々紹介をさせていただきます。


1.真正面に入ってのカウンター

 非常にシンプルですが、相手の廻し蹴りを予見したら、
 真っ直ぐ相手に突っ込んで、パンチなり肘打ちなり、
 場合によっては体当たりを叩き込みます。

 シンプルなだけに、動作そのものの難易度が低く、
 タイミングが合えば、相手のバランスを大きく崩すことも可能です。

 この方法のメリットは、蹴りに対して内側に入るため、
 蹴りが当たったとしても、遠心力のほぼ乗っていない内腿しか当たらず、
 ダメージをほとんど負うことなく、片足立ちになった相手に打撃を叩き込めることです。

 相手にしてみれば、廻し蹴りによる攻撃に意識が行っていて、
 虚が生じているので、事実上カウンターになるというわけです。

 首尾よくカウンターを決められたら、相手を無力化させるべく、
 相手の浮いた蹴り足を掴んで、投げたり崩したりするのもアリです。

 ただし、距離が遠めの場合に、無理にこのアプローチを狙うと、
 入る前に蹴りが当たることがあるので、間合いには留意する必要があります。

 さらに、小廻し蹴りに対しては、前に入ろうとしても、
 膝が邪魔をするので、体を半身にきりつつ入るなど、若干の工夫が必要です。

 最初は相手の挙動をよく見て、モーション大き目の
 大廻し蹴りを好む相手などに使ってみると効果的ですね。

 参考動画:迂闊な廻し蹴りはパンチで潰されることを実演してくれています。
 


2.蹴りで反撃するアプローチ

 真っ直ぐ突っ込むには、やや距離が遠いけれど、
 相手の蹴りを察知できた場合に効果的なアプローチです。

 これも非常にシンプルで、相手の廻し蹴りを早めに察知出来たら、
 直線的な前蹴りで腹部や股間を蹴ったり、場合によっては、
 軸足や蹴り足の太ももを蹴って、相手の体勢を崩してしまいます。

 これも大廻し蹴りに対して非常に有効で、
 蹴りの初動速度に自信がある方であれば、
 廻し蹴りを一方的に潰すことも可能です。

 ただし、以下の点には注意する必要があります。
 
 ・ 前蹴りで止める場合

  反撃のタイミングが少しでも遅れてしまうと、
  相手の蹴りの勢いをそぎ切れないので、
  逆に綺麗に蹴りを決められる恐れがあります。

  なので、万一に備えてブロックの準備をしつつ、
  蹴りを放つ方が安全に反撃できます。

 ・ 軸足を蹴る場合

  軸足を中足の点で蹴ろうとすると、外れてしまう恐れがあるので、
  できればローキック気味に広い面積で薙ぎ払うように蹴っておいた方が無難です。

 ・ 蹴り足を蹴る場合

  足の先端を止めようとすると、
  ストッピングの蹴り足を外す場合があるので、
  膝~太もも辺りを狙った方が安全です。

  そのため、余り離れた距離で蹴り足を狙わない方が無難ですね。

 
 参考動画:ムエタイの場合。軸足を狙うアプローチなどを紹介しています。
 距離に注目すると分かりますが、相手が十分廻し蹴りを蹴れる、遠目の間合いであることがわかります。
 
  

3.蹴り足に向かっていくアプローチ

 相手が蹴りの間合いを読み違えて、近めの距離で廻し蹴りを放った場合、
 相手の太もも側に向かって行って、そのまま蹴り足を止めてしまうアプローチです。

 こちらの体勢が安定していれば、真っ直ぐ入ってカウンターを入れた方が手っ取り早いのですが、
 こちらも前傾になっているような場合ならば、蹴り足に突っ込んだ方が速いです。

 この場合、足を止めることばかりに意識が行ってしまうと、
 相手が肘を落として来たり、覆い被さってくることもあるので、
 受けたら足を絡め取るなど、直ぐに後続のアクションに移行した方が安全です。

 例えば、ミックマップ(アメリカ海兵隊式格闘術)の場合は、
 相手を仰向けに倒して無力化させてしまいます(練習なのでゆっくりですが、実際には相当に素早いです)。
 


他にも様々なアプローチがありますが、
まずはこの辺りの代表例と、使う場面を覚えれば十分かと思います。

相手もディフェンスを意識している以上、
綺麗に決めるには場数と経験が必要ですが、
まずは正しい形を指導者の方に教わって、数を重ねてみましょう。


関連記事

テーマ : 格闘技
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
プロフィール

蹴り技ポータル

Author:蹴り技ポータル
蹴り技情報を配信。

中の人は普通の三十路サラリーマンで、中国拳法と軍隊護身術メインに修行中。

ただし紹介する蹴り技は特に流派問わずです。

YouTubeにて蹴り技に挑戦中ですが…まだまだ未熟です。

YouTubeチャンネル

なお、当サイトの内容は、管理人の知識と経験に基づいたものであり、効果と安全性を保障するものではありません。
もし実践される場合は、各自自己責任で行って下さいませ。何卒ご了承下さい。

著作権フリーBGM配布サイト HURT RECORD 応援バナー

twitter
おススメサイト更新情報
お勧めリンク
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
318位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
格闘技
18位
アクセスランキングを見る>>
アクセス数
メッセージフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。