スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

対蹴り技ディフェンス:中段への廻し蹴りに対するディフェンス(総論)

中段への「大廻し蹴り」と「小廻し蹴り」について解説したので、
今回は逆にディフェンス側のポイントを書いていきます。

中段への廻し蹴りは、大小問わず、
比較的難易度も低く、破壊力のあるメジャーな蹴り技なので、
対策側の技術もその分練られており、かなりの種類があります。

ミックマップ(アメリカ海兵隊式格闘術)の場合


ムエタイの場合


システマの場合


基本的には、蹴りに早めに察知できたなら、相手側に入って足を絡め取ったりカウンターを入れ、
早めに反応できなかった場合は、大きく後退するか、その場でブロックをするのが一般的です。

ただ、どの手法を使う場合でも、
まずは抑えておいた方が良い共通のポイントがあるので、
今回は総論としてそのご紹介をさせていただきます。


1.蹴りの延長線上に逃げない

 廻し蹴りの場合、大小いずれも遠心力による加速により破壊力を生じさせている蹴り技です。

 そのため、蹴りに驚いて蹴り足の延長線上に逃げてしまうと、
 最も遠心力の乗った状態で蹴りが飛んできてしまいます。

  悪い例)右足の廻し蹴りに対して、右真横に動いてしまう。

 むしろ、蹴りに対して逆に向かっていくことで、
 遠心力が生じる前に蹴りを止めることが出来るので、
 蹴りに対して早めに反応できたなら、足か相手側に向かっていくと理想的です。


2.重心を上げない

 廻し蹴りに対して、重心を上げて防御してしまうと、
 バランスが上半身に行くので、勢いに押し負けることがあります。

 特に、反応が遅れてしまってブロックせざるを得ない場合は、
 重心を落として土台を安定させないと、蹴りの強い相手の場合、
 体ごと持って行かれることすらあります。

 構えている場合はもとより、とっさの場合も委縮して重心が上がらないよう練習してみましょう。


3.蹴りだけを警戒しない

 廻し蹴りは強力な攻撃なので、ディフェンス練習の場合、
 蹴りだけを警戒して視線が下がりがちになってしまいます。

 しかし、これをクセにしてしまうと、パンチなどの手による攻撃や、
 ブラジリアンキック、掛け蹴りなどの軌道変化型の蹴りに対処ができなくなります。

 蹴りのディフェンスを練習する場合でも、
 相手を全体的に俯瞰して、予想外の攻撃が来ても
 何らかの反応ができるように練習すると良い感じです。


中段廻し蹴りに対するディフェンス総論は以上です。

次回以降、メジャーな受け方について少し解説していこうと思います。





 
関連記事

テーマ : 格闘技
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
プロフィール

蹴り技ポータル

Author:蹴り技ポータル
蹴り技情報を配信。

中の人は普通の三十路サラリーマンで、中国拳法と軍隊護身術メインに修行中。

ただし紹介する蹴り技は特に流派問わずです。

YouTubeにて蹴り技に挑戦中ですが…まだまだ未熟です。

YouTubeチャンネル

なお、当サイトの内容は、管理人の知識と経験に基づいたものであり、効果と安全性を保障するものではありません。
もし実践される場合は、各自自己責任で行って下さいませ。何卒ご了承下さい。

著作権フリーBGM配布サイト HURT RECORD 応援バナー

twitter
おススメサイト更新情報
お勧めリンク
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
479位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
格闘技
24位
アクセスランキングを見る>>
アクセス数
メッセージフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。