スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1VS多数を想定しながら蹴る!素早い蹴り技を身に付けるための練習方法例。

以前、前蹴りサイドキックについて解説をしましたが、
やはり、身を護るためにも素早く単発で相手を吹き飛ばして十分距離を取るなり、
急所に当てて行動不能にするなり出来るようにしたいところです。

そのためには、普段のミット練習や着胴相手への練習も良いのですが…

ドリルの一つとして、相手が複数いて、かつ、追い込まれてしまった場面を
敢えて想定して「自分に近い位置にいる相手を素早く蹴る」練習方法も有効です。


やってみると分かりますが、意外と疲れます(汗)

ただの変わったミット蹴りではなく、一方向に集中してしまうと、他方の相手に攻撃されると考えて、
間合いが近い相手や、接近の兆しが見えた相手に素早く前蹴りやサイドキックを蹴り込んでいくと、
緊張感を持てて、素早く蹴らざるを得なくなる、非常に良い練習になります。


蹴りそのものの速度は勿論ですが、引き足や蹴った後の体勢安定ができていないと、
次々と三方向を蹴れないので、体勢を安定させる意味でもお勧めの練習方法ですね。


なお、この練習をする場合は、きちんと「相手を目視確認してから」蹴りましょう。
普段の蹴り技でもそうですが、興奮状態になって四方八方を蹴る練習をする場合、
目視確認を怠ると蹴りが外れて膝を痛めたり、ミットではなく持ち手を蹴ってしまう恐れがありますので。



関連記事

テーマ : 格闘技
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
プロフィール

蹴り技ポータル

Author:蹴り技ポータル
蹴り技情報を配信。

中の人は普通の三十路サラリーマンで、中国拳法と軍隊護身術メインに修行中。

ただし紹介する蹴り技は特に流派問わずです。

YouTubeにて蹴り技に挑戦中ですが…まだまだ未熟です。

YouTubeチャンネル

なお、当サイトの内容は、管理人の知識と経験に基づいたものであり、効果と安全性を保障するものではありません。
もし実践される場合は、各自自己責任で行って下さいませ。何卒ご了承下さい。

著作権フリーBGM配布サイト HURT RECORD 応援バナー

twitter
おススメサイト更新情報
お勧めリンク
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
266位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
格闘技
14位
アクセスランキングを見る>>
アクセス数
メッセージフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。