スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

前蹴りに対するディフェンス方法。左右の動きで対処する。

前回、相手の蹴り技をよく観察して、
間合いを把握する練習について書きましたが、
やはり、相手の蹴りが自分に届いてしまう局面はいくらでもあります。

そうなると、ディフェンスの出番なのですが、
蹴り技は威力が非常に高いので、受け方を誤ると、
とんでもないダメージを負う危険性があります。

なので、蹴り技ごとに受け方の基本を練習する必要がありますが、
今回は、スタンダートな前蹴りをお題に、ディフェンスのポイントを書いてみます。


前蹴りの厄介な部分…言い換えると、
ディフェンスにおいて意識せねばならないことは、
ざっくり分けると2点あります。


① 攻撃ポイントが点で迫ってくるため、正面からブロックすることが困難。
② 蹴りのモーションが歩きの延長であり、蹴った後の隙が少ないので、下手に後退すると連続攻撃で畳み掛けられる。



そこで、前蹴りに対しては、正面からでは押し負けるし、
後退するだけではその後の展開が不利になるので、
力をサイドに逸らす」ことが基本方針になります。

回避方法自体には、格闘技・護身術ごとに様々なバリエーションはありますが、
基本的には、サイドに避けたり、力を逸らしたりすることがほとんどです。

以下、参考例を何個かご紹介しますが、回避動作に手が伴う場合、
指先が足に対して正面から接触しないよう十分注意してください。

さもないと、突き指で大怪我をしますので…


体ごとアウトサイドに回避しますが、大きくステップするというより、
半身を切る動作で最小限の回避モーションを取っています。
上手く相手の足を取れれば、逆に金的や顔面へのカウンターを狙えます。


体ごとアウトサイドに大きく避けます。
早めに反応できれば、相手の蹴りを完全に流せるので安全ですが、
距離が若干あくので、カウンターをするなら足技が無難です。


体ごとインサイドに避けます。
この場合、相手の正中線が露呈するので、反撃箇所は増えますが、
逆に相手のパンチも飛んでくる状況なので、反撃はお早めに。


サイドに避けつつ、受けた瞬間に手で払うようにして、
相手の蹴りの勢いを加速させる中級者以上向けの技法です。
上手く行くと、相手がバランスを崩すので、単に回避するよりもその後の展開が有利になります。

受け側の真後ろの他、真上に力を逃がす方法がありますが、
いずれも指や手を怪我しないように注意する必要があります。


他にも足で力を逸らしたりするなど、様々なテクニックがありますが、
「サイドに回る」という基本的な方針さえ覚えておけば、
応用は効くようになるので、一つ一つ覚えると良い感じです。


なお、全く反応ができずに、前蹴りが迫った場合には、
腕で無理矢理とめたり、真後ろに下がるのも已むを得ないです。

流石にまともに食らうよりはマシですので…

上級者になると、正面で受けつつも、
腕を蹴りの動作に併せてクッションのように衝撃を逃がすケースもありますが、
非常に難しいので、まずは蹴りに慣れる意味でも、サイドを意識しましょう。


関連記事

テーマ : 格闘技
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
プロフィール

蹴り技ポータル

Author:蹴り技ポータル
蹴り技情報を配信。

中の人は普通の三十路サラリーマンで、中国拳法と軍隊護身術メインに修行中。

ただし紹介する蹴り技は特に流派問わずです。

YouTubeにて蹴り技に挑戦中ですが…まだまだ未熟です。

YouTubeチャンネル

なお、当サイトの内容は、管理人の知識と経験に基づいたものであり、効果と安全性を保障するものではありません。
もし実践される場合は、各自自己責任で行って下さいませ。何卒ご了承下さい。

著作権フリーBGM配布サイト HURT RECORD 応援バナー

twitter
おススメサイト更新情報
お勧めリンク
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
340位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
格闘技
23位
アクセスランキングを見る>>
アクセス数
メッセージフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。