スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

前蹴りからのパンチ系コンビネーションをスムーズにつなげるポイント3つ。

前回、「前足での蹴り」を上手く蹴るポイントについて、記事を書きましたが、
今回は、そこからの代表的な連続技である「ワンツー派生」についてです。

前足の蹴りからワンツーに派生させる場合は、
主に下記のように、前蹴りが終わった段階で、
相手と間合いが比較的近い場合
が多いです。

「蹴りが決まって相手の顔が前に来た」
「前足の蹴りを手でガードされて顔ががら空き」

上記のような場合に、前蹴りだけで終わってしまうと、
相手からも反撃される可能性があるので、
攻めを継続させるためにも、素早いワンツーで畳み掛けたいところです。

ところが、意外と蹴り→パンチの連携は、
慣れないとどうしてももたついてしまうので、
スムーズにつなげようと思うと、練習が必要になります。

以下では、前足での蹴り→ワンツーにおける
最低限のポイント3つをご紹介します。


1.蹴った足が着地した瞬間にワンツーを出せるようにする。

 慣れないうちは、「蹴り/ワンツー」と言った具合に、
 蹴った後にひと段落させてからワンツーをしてしまいますが、
 これでは、ワンツーが決まる前に相手にリアクションを許す可能性が増えてしまいます。

 極力「1・2・3」とテンポよく間断なくつなげるためにも、
 蹴った足が着地したのと同時に、ワンツーを放つようにしましょう。


2.蹴っている最中に仰け反らない

 蹴りの最中に仰け反ると、上半身がワンツーについていけずに、
 腰の入っていないパンチを出したり、そもそもワンツーを出せなかったりします。

 蹴っている最中は、しっかり重心を落として、上体を安定させましょう。


3.蹴っている最中に手を下げない

 前回、ガードの意味でも蹴っている最中に手を下げないと書きましたが、
 ワンツーを素早く放つ意味でも、手を下げないことは重要になってきます。

 手が下がっていると、パンチのポジションに手を戻さなくてはならないので、
 せっかく蹴りのフォームができていても、ワンツーが遅れます。


ポイントは以上です。

なお、応用編として「蹴り→踏み込み→ワンツー」と、距離を詰めるパターンもあります。

上記の基本ができていないと、非常にテンポが遅くなるので、
まずは、その場でのワンツーから練習すると良いと思います。

参考動画


手前味噌ですが、ワンツーにもっと腰を入れた方が良いパターン…



関連記事

テーマ : 格闘技
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
プロフィール

蹴り技ポータル

Author:蹴り技ポータル
蹴り技情報を配信。

中の人は普通の三十路サラリーマンで、中国拳法と軍隊護身術メインに修行中。

ただし紹介する蹴り技は特に流派問わずです。

YouTubeにて蹴り技に挑戦中ですが…まだまだ未熟です。

YouTubeチャンネル

なお、当サイトの内容は、管理人の知識と経験に基づいたものであり、効果と安全性を保障するものではありません。
もし実践される場合は、各自自己責任で行って下さいませ。何卒ご了承下さい。

著作権フリーBGM配布サイト HURT RECORD 応援バナー

twitter
おススメサイト更新情報
お勧めリンク
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
292位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
格闘技
18位
アクセスランキングを見る>>
アクセス数
メッセージフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。