スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とっさのカウンターや牽制に使える蹴り技「前足での前蹴り」。上手く蹴るコツ3ポイント

一般的に、武道や格闘技の構えでは、片方の足を前に出して構えることが大半です。
(右利きなら左足が前で右足が後ろとか)

この場合、前に出ている足で蹴る場合と、後ろ足で蹴る場合の2パターンに分かれますが、
多くの場合、後ろ足の方が利き足であり、かつ、腰も入れやすいことから、
後ろ足での蹴りを先に習得することも多いかと思います。

一方、前足での蹴りは、最初は腰の入れ方などが分かりにくく、
覚えるのに多少時間が掛かりますが、モーションが小さいので、
一旦覚えてしまえば、下記の使い方をすることができるようになります。

 ① パンチに対してとっさのカウンターができるようになる。
 ② 蹴りからコンビネーションのバリエーションが増える。


とっさにカウンターが決まった実例



最初はなかなか覚えにくいですが、
上手く蹴るために最初に抑えたいポイントを3点列挙してみました。


1.重心を落として膝を上げる

 蹴り技全般に言えることですが、特に前蹴りにおいては、
 地面を蹴った勢いで、重心が上に浮きがちです。

 しかしこの癖をつけてしまうと、前に威力が乗らなくなるうえ、
 バランスが非常に悪くなるので、当たっても自分が吹っ飛びかねません。

 そうならないためにも、軸足の重心を落として、膝を上げましょう。


2.腰をしっかり突き出す(ただし仰け反らない)

 後ろ足での蹴りの場合、歩く要領で腰を前に入れやすいですが、
 前足での蹴りの場合、「前足を上げてから歩く」という動作が
 日常生活にないため、腰の入れ方がなかなか分かりにくいです。

 そこで、まずは蹴る瞬間に、しっかりと腰を突き出してみましょう。

 ただし、このとき上半身がのけぞると、一気にバランスを崩して威力が出ませんし、
 その後のコンビネーション派生などの展開も見込めなくなるので、
 上半身は仰け反らないよう注意しましょう。

 慣れないうちは、壁に手を付いて練習するのも良いかと思います。
 (左足が前の場合、右側に壁を置いて、右手で壁に手を付きつつ蹴る)。


3.手を下げない

 前蹴りの場合、勢いを付けようとして両手を思い切り振りおろすケースがありますが、
 これをクセにしてしまうと、顔面がら空きの蹴りが習慣になってしまい、カウンターを誘発します。

 特にカウンターとして前蹴りを出す場合、蹴りが外れたり、
 相手の勢いが思ったより強いと、逆カウンター状態になってしまうので危険です。

 最低でも、片方の手は顔面のガードポジションをキープする癖を付けましょう。


前足での蹴りは覚えるまで、やや時間が掛かりますが、
修得すると動作の幅が広がるので、抑えて損は無いですね。

最初はフォームを確認しつつトライしてみると良いと思います。



関連記事

テーマ : 格闘技
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
プロフィール

蹴り技ポータル

Author:蹴り技ポータル
蹴り技情報を配信。

中の人は普通の三十路サラリーマンで、中国拳法と軍隊護身術メインに修行中。

ただし紹介する蹴り技は特に流派問わずです。

YouTubeにて蹴り技に挑戦中ですが…まだまだ未熟です。

YouTubeチャンネル

なお、当サイトの内容は、管理人の知識と経験に基づいたものであり、効果と安全性を保障するものではありません。
もし実践される場合は、各自自己責任で行って下さいませ。何卒ご了承下さい。

著作権フリーBGM配布サイト HURT RECORD 応援バナー

twitter
おススメサイト更新情報
お勧めリンク
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
318位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
格闘技
18位
アクセスランキングを見る>>
アクセス数
メッセージフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。