スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どこで使う?高威力の奇襲技「飛び膝蹴り」!。

膝蹴りシリーズ、今回は奇襲&高威力の「飛び膝蹴り」について考察です。

今まで解説をしてきたように、
膝蹴りは鋭利な膝で思い切り打ち抜くので、
蹴りの中でも破壊力が相当に高いです。

その高威力の膝蹴りに、地面を思い切り蹴った勢いを
上乗せしたのが、「飛び膝蹴り」です。

攻撃側の全体重が膝に掛かってくるうえ、
上手い方が行うと、地面を蹴った勢いで加速がつくため、
場合によっては車で跳ね飛ばされたようなダメージを与えることも…(怖)


この飛び膝蹴りにも、実はごく大まかには2種類の内容があり、
どちらを用いるかを明確に自覚することで、勢いをより乗せられます。

以下では、その2種類をご紹介します。


1.斜め上方向に飛ぶパターン

 この場合は、近距離で相手がのけぞった瞬間に、顎を狙って膝蹴りを放ちます。
 もろい急所の顎を膝で狙う、非常に危険な技なので、基本的に使用はお勧めできません。

 勢いの付け方が分かりやすい反面、挙動がばれると半歩下がっただけで避けられます。

 参照動画
 
 

2.水平に飛ぶパターン

 この場合は、中遠距離からの奇襲で用います。
 体当たりの如く、相手の中段を狙って膝から突撃するように蹴ります。

 きちんと水平に飛ぶことが出来れば、相手から見たときに、
 挙動が分かりにくいので、意外に防ぎにくい技だったりします。

 また、相手の反応が遅れると、体格差にもよりますが、
 多少迎撃されても勢いで吹き飛ばせるので、奇襲には打ってつけです。

 ただし、飛ぶ方向が少しでも上方に行ってしまうと、
 非常に見切られやすくなる & 腹部の急所を晒してしまうので、
 水平に飛べるようにステップワークの練習が必要になります。

 参照動画
 


実は上記の他にも、相手の膝や体を足場にして膝蹴りを出すなど、
かなりアクロバティックな技もあるのですが、今回は割愛します。

ただ、どの場合であれ、「膝をきちんとたたむこと」「腰を突き出す」といった
膝蹴りの基本がベースになることは変わらないので、まずは、基礎から丁寧に練習すべきでしょうね。

なお、膝蹴り、特に飛び膝蹴りは本当に破壊力が凄まじいので、
練習の際には、安全に留意して、きちんとした指導者の下で練習しましょう。


関連記事

テーマ : 格闘技
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
プロフィール

蹴り技ポータル

Author:蹴り技ポータル
蹴り技情報を配信。

中の人は普通の三十路サラリーマンで、中国拳法と軍隊護身術メインに修行中。

ただし紹介する蹴り技は特に流派問わずです。

YouTubeにて蹴り技に挑戦中ですが…まだまだ未熟です。

YouTubeチャンネル

なお、当サイトの内容は、管理人の知識と経験に基づいたものであり、効果と安全性を保障するものではありません。
もし実践される場合は、各自自己責任で行って下さいませ。何卒ご了承下さい。

著作権フリーBGM配布サイト HURT RECORD 応援バナー

twitter
おススメサイト更新情報
お勧めリンク
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
266位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
格闘技
14位
アクセスランキングを見る>>
アクセス数
メッセージフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。