スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

相手を掴んだ状態での「膝蹴り」!上手く蹴るためのポイント3つ。

前回の記事で、相手を掴まない場合の膝蹴りについて書きましたが、
今回は、「相手を掴んだ状態での膝蹴り」についてです。

状況としては、ワンツーで相手との距離が詰まったり、
相手の手による攻撃を捌いて距離が詰まったりなどなど、
密着状態で相手をロックして一方的に攻撃するシチュエーションで使います。

※ 前回の記事「接近戦の最終兵器「膝蹴り」のポイント3つ(つかまないVer)。

基本的に「腰をしっかり前に突き出す」「足をしっかり折りたたむ」といった部分は同じですが、
相手と密着している状態なので、別個、意識して練習すべきポイントが3つあります。


1.手で相手を引き付けて、下半身は前に突き出す。

 相手を掴んでいる状態での膝蹴りは、上半身(手)での引き寄せと、
 下半身(腰)の突き出しが組み合わさることで破壊力を生じさせています。

 2方向の力が加わることで破壊力が増している。
 掴み膝蹴り

 慣れないうちにありがちなのが、引く力を意識しすぎて、
 肝心の膝が出ないでへっぴり腰になってしまうケースですね。
 
 こうなると、かえって威力が出ないので、最初は腰を突き出すことを強めに意識しましょう。


2.当てる瞬間に力を入れる

 蹴り技全般に言えることですが、膝蹴りだと相手と密着していることもあり、
 ついつい力んでしまって、膝蹴りのインパクトを削いでしまうことが多々あります。

 しかし、相手を掴んでの膝蹴りの場合、密着状態なので、
 力んだ結果、蹴り足のスピードが落ちると、足を掴まれる恐れがあります。

 破壊力的に見ても、膝のトップという「点」を当てる膝蹴りなので、
 インパクトの瞬間だけに力を入れられれば、より内臓へのダメージを増すことが出来ます。

 密着状態なのでヒートアップしがちですが、力まず冷静に行きましょう。


3.掴んでいる腕を伸ばさない

 慣れないうちは、勢いを付けようとして腕をピンと伸ばしてしまうことがありますが…
 実は、掴んでいる腕を伸ばしてしまうと、腕が張ってしまって上手く引き付けることが出来ません。
 
 また、腕が伸びるとロックが甘くなるので、少し慣れた相手なら、
 もぐりこんでタックルをぶちかましてくる恐れがあります。

 こうなると、懐に飛び込まれてしまうので、相当に危険な状況に陥ります。

 腕は軽く曲げて、相手の飛込みを防止できるよう、きちんとロックしましょう。


ポイントは以上です。

使いこなせれば、非常に強力な掴み状態の膝蹴りですが、
接近している分、リスクも大きいので、防御を念頭に置いて、
効果的な運用ができるようにトレーニングが必要ですね。

素晴らしい参考動画








関連記事

テーマ : 格闘技
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
プロフィール

蹴り技ポータル

Author:蹴り技ポータル
蹴り技情報を配信。

中の人は普通の三十路サラリーマンで、中国拳法と軍隊護身術メインに修行中。

ただし紹介する蹴り技は特に流派問わずです。

YouTubeにて蹴り技に挑戦中ですが…まだまだ未熟です。

YouTubeチャンネル

なお、当サイトの内容は、管理人の知識と経験に基づいたものであり、効果と安全性を保障するものではありません。
もし実践される場合は、各自自己責任で行って下さいませ。何卒ご了承下さい。

著作権フリーBGM配布サイト HURT RECORD 応援バナー

twitter
おススメサイト更新情報
お勧めリンク
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
340位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
格闘技
23位
アクセスランキングを見る>>
アクセス数
メッセージフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。