スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

接近戦の最終兵器「膝蹴り」のポイント3つ(つかまないVer)。

パンチの間合いで攻防を展開している際に、
相手の腹部が空いている場面などに出くわすこともあるかと思います。

そんな時に役立つのが、膝蹴り。

膝蹴りは、リーチこそ短いものの、破壊力が凄まじく、
綺麗に決まれば、相手をその場で即ダウンさせることも可能です。

①「膝蹴りにも、相手を掴んでロックした状態で出す場合」と、
②「至近距離で、即座に出す場合」があります。


今回は、②「至近距離で、即座に出す場合」について書きます。

こんな感じで、至近距離の連続技に組み込む状況です。


見た目は簡単そうですが、体重を乗せて威力を出すには、
意識すべきポイントがあるので、今回は、基礎的な部分について3つ書きます。


1.腰をしっかり前に突き出す。
 
 膝蹴りに慣れていないうちは、ついつい膝を「上に」突き上げてしまうケースが多いのですが、
 これでは、力のベクトルが真上に行ってしまうので、リーチも出ないし、相手に負荷も掛けられません。

 蹴る場合には、フロントキックの要領で、しっかり膝を前に突き出しましょう。


2.足をしっかり折りたたむ。

 膝蹴りは、面よりも膝の頂点を刺すように当てることで、
 内臓にダメージを叩き込むことが出来ます。

 そこで、接触面積を狭めるためにも、
 膝をしっかり折り曲げて突き出してきましょう。


1・2を略図化するとこんな感じですね。
膝蹴り略図


3.手は絶対に下げない(顔面をカバーする)

 当たり前ですが、膝蹴りの間合いは、下手するとパンチの間合いより狭いです。
 なので、手のガードを下げると、思わぬ反撃を顔面に食らいます。

 「1」の腰突き出しができていれば、多少間合いは開きますが、
 破れかぶれの反撃を喰らっても面白くないので、しっかりガードできるように設置しましょう。


上記の1~3がしっかりできれば、奇襲技の跳び膝蹴りも直ぐに覚えられます。


膝蹴りを覚えれば、至近距離での攻撃手段が増えるので、トライしてみてください。



関連記事

テーマ : 格闘技
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
プロフィール

蹴り技ポータル

Author:蹴り技ポータル
蹴り技情報を配信。

中の人は普通の三十路サラリーマンで、中国拳法と軍隊護身術メインに修行中。

ただし紹介する蹴り技は特に流派問わずです。

YouTubeにて蹴り技に挑戦中ですが…まだまだ未熟です。

YouTubeチャンネル

なお、当サイトの内容は、管理人の知識と経験に基づいたものであり、効果と安全性を保障するものではありません。
もし実践される場合は、各自自己責任で行って下さいませ。何卒ご了承下さい。

著作権フリーBGM配布サイト HURT RECORD 応援バナー

twitter
おススメサイト更新情報
お勧めリンク
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
340位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
格闘技
23位
アクセスランキングを見る>>
アクセス数
メッセージフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。