スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バット型かピッケル型か…廻し蹴りの蹴り足を意識する。

廻し蹴りで蹴る場合の蹴り足を意識したことはありますか?


流派にもよりますが、廻し蹴りの蹴り足には、
ざっくり分けると、下記の2パターンがあります。

(1)足首をしっかり曲げる「ピッケル型」
(2)足首をしっかり伸ばす「バット型」


(1)「ピッケル型」のイメージ(赤い部分が打点)。
ピッケル

「ピッケル型」においては、足首を曲げて、
中足(流派によっては指先)で蹴るため、
相手に対する力のかかり方が「」になります。

メリットは、「点」で力がかかるので、

① 相手の肉体を貫通して内臓にダメージを与えやすいのと、
② ガードが甘いと、足の先端が刺さりやすいことですね。

小廻し蹴りや、腹部・頭部の急所を
ピンポイントで狙う場合に意識すると良い感じです。


(2)「バット型」のイメージ(赤い部分が打点)
バット

「バット型」においては、足首を伸ばして、
足の甲~脛の広い面積で蹴るため、
相手に対する力のかかり方が「」になります。

メリットは、「面」で力がかかるので、

① 相手を押す力が強く、決まれば吹き飛ばしやすいのと、
② ガードしていても、相手をプッシュできることですね。

ローキックや足払いなど、相手の体勢を崩したり、
強い衝撃を与えたい場合に意識すると効果的です。

蹴り足の効果を意識して、蹴り技の練習をすると、
状況に応じた運用ができるので、頭の片隅に置いておくと良いかと思います。




関連記事

テーマ : 格闘技
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
プロフィール

蹴り技ポータル

Author:蹴り技ポータル
蹴り技情報を配信。

中の人は普通の三十路サラリーマンで、中国拳法と軍隊護身術メインに修行中。

ただし紹介する蹴り技は特に流派問わずです。

YouTubeにて蹴り技に挑戦中ですが…まだまだ未熟です。

YouTubeチャンネル

なお、当サイトの内容は、管理人の知識と経験に基づいたものであり、効果と安全性を保障するものではありません。
もし実践される場合は、各自自己責任で行って下さいませ。何卒ご了承下さい。

著作権フリーBGM配布サイト HURT RECORD 応援バナー

twitter
おススメサイト更新情報
お勧めリンク
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
266位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
格闘技
14位
アクセスランキングを見る>>
アクセス数
メッセージフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。