スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

急がば回れ、速さで誤魔化すな!蹴り技のフォームと体幹力を鍛える練習方法。

蹴り技の練習方法として、
ひたすらミットやサンドバッグを蹴ったり、
空蹴りを繰り返すというものがあります。

これらの練習方法は、蹴り技練習の王道であり、
繰り返し行うべきものではありますが…

ついつい、速く蹴ることや、勢い良く蹴ることばかりに意識が行って、
いつまで経っても正しいフォームを覚えられない可能性もあります。

その結果、モーションが不自然に大きくてバレやすい蹴りや、
バランスを無理にとっている不安定な蹴りがクセになることも…

特に、指導者がいなくて、やむなく一人で練習している場合に陥りがちですね。


焦って蹴っても上達から遠ざかるばかり…
orz


慣れてきた人でも、速度や威力を出そうとすると、
つい力んでしまってフォームやバランスを崩すことは、しばしばあります。

そこで、無意識状態でも安定して蹴れるように、
敢えてスローで蹴る練習をしてみると、
正しいフォームを覚えるのに、けっこう効果があったりします。

へたくそな手前味噌で恐縮ですが…こんな感じです。


スローで蹴ると言っても、適当に蹴るのでは意味がありません

ゆっくりフォームを意識しながら動くことで、
体に蹴りの形を覚え込ませていくのが重要になります。

イメージは太極拳。ゆっくり滑らかに丁寧に蹴りましょう。
太極拳

併せて、インパクトの瞬間に力をいれてストップすることで、
インパクトの瞬間に力を伝えられるように意識するとグッドです。


慣れてきたら徐々に速度を上げて
速くても正しいフォームで蹴れるようにしていきましょう。

なお、この練習方法をすると、重心を落として、
しかも足を安定して動かさねばらなないので、
蹴り技に適した形で体幹力も鍛えられます

繰り返しても損の無い練習方法なので、
ウォーミングアップや、速く蹴る練習の前に、
何回か試してみては如何でしょうか。



関連記事

テーマ : 格闘技
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
プロフィール

蹴り技ポータル

Author:蹴り技ポータル
蹴り技情報を配信。

中の人は普通の三十路サラリーマンで、中国拳法と軍隊護身術メインに修行中。

ただし紹介する蹴り技は特に流派問わずです。

YouTubeにて蹴り技に挑戦中ですが…まだまだ未熟です。

YouTubeチャンネル

なお、当サイトの内容は、管理人の知識と経験に基づいたものであり、効果と安全性を保障するものではありません。
もし実践される場合は、各自自己責任で行って下さいませ。何卒ご了承下さい。

著作権フリーBGM配布サイト HURT RECORD 応援バナー

twitter
おススメサイト更新情報
お勧めリンク
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
348位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
格闘技
16位
アクセスランキングを見る>>
アクセス数
メッセージフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。