スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

蹴りの遠心力に耐える。武器を使った蹴り技トレーニング。

蹴り技、特に廻し蹴り系を蹴る際に、
自分の蹴りの勢いに体が持って行かれることがあります。

おっとっと…(汗)
おっとっと

テクニック的な対策としては、
重心をきちんと落とす、引き足をきちんと行うなどなどありますが、
やはり、基礎的には体幹力を鍛えることが重要になってきます。

体幹を鍛える方法は様々ありますが、
敢えてバランスが崩れやすい状況で蹴り技を行う方法もあります。

例えばですが、手っ取り早い方法としては、
やや重量のある棒などの武器を振って
蹴り技コンビネーションを行う方法があります。

へたくそな手前味噌で恐縮ですが…あくまでイメージと言うことで(汗)


動画では素振り用のカリスティック(500g)を使っていますが、
振りやすくて手に馴染むものであれば何でも良いと思います。

振り方に関しては、武器の心得が無くても、
思い切り振り抜く形で、本能のまま振ってしまってよいです。

むしろその方が、遠心力が付くので、
蹴りを混ぜたときに、より負荷がかかり、
きっついトレーニングを堪能できます。

 ※ ただし、握っている武器がすっぽ抜けないように注意!

ちょっと荒っぽい方法ですが、
武器を振っている状況で蹴りが安定して出せれば、
素手状態の蹴りがもっと楽になるので、是非、試してみてください。


なお余談ですが、足の筋力に相当自信がある方ならば、
足に重りをつけて蹴りの練習をするのことも考えられます。

しかし、蹴りの勢いがあると、
重りのせいで必要以上に足の先端に
遠心力が掛かるので、足を激しく痛めるリスクがあります。

なので、基本的には、足に重りをつけて
蹴りの練習をすることはお勧めできません
ので、
もし検討されている方は、くれぐれもご注意ください。

関連記事

テーマ : 格闘技
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
プロフィール

蹴り技ポータル

Author:蹴り技ポータル
蹴り技情報を配信。

中の人は普通の三十路サラリーマンで、中国拳法と軍隊護身術メインに修行中。

ただし紹介する蹴り技は特に流派問わずです。

YouTubeにて蹴り技に挑戦中ですが…まだまだ未熟です。

YouTubeチャンネル

なお、当サイトの内容は、管理人の知識と経験に基づいたものであり、効果と安全性を保障するものではありません。
もし実践される場合は、各自自己責任で行って下さいませ。何卒ご了承下さい。

著作権フリーBGM配布サイト HURT RECORD 応援バナー

twitter
おススメサイト更新情報
お勧めリンク
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
340位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
格闘技
23位
アクセスランキングを見る>>
アクセス数
メッセージフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。