スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遠距離からの「踏み込み蹴り」を上手く行うポイント。

蹴り技に限らず、自分から打撃を相手に決める場合は、
相手の間合いの外から「1歩踏み込んで」攻撃を繰り出すことが多いです。
(間合い内だと乱打戦になってしまうので、体格差があるとかなり不利…)。

当然、踏み込む分だけ攻撃までにラグが生じるので、
踏み込みのモーションから攻撃をスムーズに繋ぐことで、
このラグを小さくして有効打を決める工夫が必要になります。

特に、蹴り技の場合は、リーチの関係で、
パンチよりも更に遠距離から踏み込むことが多いため、
踏み込み技術の工夫を怠ると、あっさり迎撃されます。

ちょっと極端な例ですが、技量がある人同士であっても、こんな大惨事になることが…(動画)



さて、踏み込みの技術を磨くと、こんなメリットがあります。


 1.踏み込みの勢いを蹴りにスムーズにつなげられるので、攻撃力が増す

 2.踏み込み中の体勢が安定しているので、甘いカウンターならフォローできる

 3.踏み込みのスピードが増すので、隙を見せた相手に付け入る機会が増える


なので、「踏み込み」は是非とも積極的に練習したい技術ではあります。


個人的には前回の記事でご紹介した、
スコット・アドキンスのサイドキック踏み込みが、
理想的な踏み込みの一つだと思います。


なぜこれが理想的かと言うと、
「安定した体勢で滑るように踏み込み、踏み込みと攻撃が一体化している」からです

よくありがちなのが、踏み込もうとして、飛び跳ねてしまうケースですが…。

これをやってしまうと、せっかくの踏み込みの推進力が上方に流れてしまい、
相手に真っ直ぐ力が伝わらないので、非常にもったいないです。

しかも、飛び跳ねると体が伸びあがるので、
隙だらけになるというオマケつき…

なので、踏む込む場合には、「沈み込んで滑るような」イメージで繰り返し練習すると良いですね。
※ ただし力まないこと。

上手い踏み込みを相手の視点から見ると、
ノーモーションで、いきなり相手が
大きくなったように見えて、非常に対処がしにくくなります。

突然、相手が目の前に迫っているイメージ。
スコット・アドキンスに敬意を表して忍者でw
踏み込みイメージ

沈み込んで滑るような踏み込みができたら、
後は、踏み込みの勢いをそのまま攻撃につなげられるようになれば完璧です。

せっかく綺麗に踏み込んでも、

踏み込み → ストップ → 攻撃

では勢いも削がれるし、攻撃の発生が遅すぎるしで無意味です。

もし踏み込んでからの攻撃テンポが「1・2」になっているようであれば、
「1」で踏み込み&攻撃をできるようなイメージで練習してみましょう。

関連記事

テーマ : 格闘技
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
プロフィール

蹴り技ポータル

Author:蹴り技ポータル
蹴り技情報を配信。

中の人は普通の三十路サラリーマンで、中国拳法と軍隊護身術メインに修行中。

ただし紹介する蹴り技は特に流派問わずです。

YouTubeにて蹴り技に挑戦中ですが…まだまだ未熟です。

YouTubeチャンネル

なお、当サイトの内容は、管理人の知識と経験に基づいたものであり、効果と安全性を保障するものではありません。
もし実践される場合は、各自自己責任で行って下さいませ。何卒ご了承下さい。

著作権フリーBGM配布サイト HURT RECORD 応援バナー

twitter
おススメサイト更新情報
お勧めリンク
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
348位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
格闘技
16位
アクセスランキングを見る>>
アクセス数
メッセージフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。