スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

緊急回避や奇襲に!背後への蹴り技「バックキック」を上手く蹴るポイント3つ。

バックキックとは、その名のとおり「背面に対する蹴り技」です。

一般的には、背後を晒しているという危険な状況で、ゆっくり振り向いていては、
相手に主導権を握られるので、素早く反撃するために使います。




一方で、リングファイト系だと、敢えて背中を見せることで、
相手の意表をついて蹴る
という場面も、まま見受けられます。



バックキックは、モーションが小さく、素早く背後を攻撃できるものの、
サイドキック同様に、日常生活には無い動作がベースになっているので、
十分スピードと威力がでるようになるには、それなりに練習が必要です。

ただ、覚えることが出来れば…

 1.背後の相手に対して、死角から素早く迎撃できる
 
 2.フックや廻し蹴りを外して、背中を見せてしまったときにフォローができる

 3.意図的に背中を見せることで、拳や足などの武器を隠して奇襲ができる

など、不利な状況を逆手に取れるので、習得して損は無い蹴り技ですね。


今回も、上記の動画をベースに、個人的に意識しているポイントを書いていこうと思います。


1.相手を目視確認する

 まずはターゲットを目視確認しましょう。

 ただでさえ間合いを測りにくいバックキックなので、確認がいい加減だと外す場合があります
 こうなると、背中を晒しているうえに片足立ちになるので、状況が悪化します

 なので、目視確認は必ず行いましょう。

 ただし、目視確認の際に、あまり相手に体を向けて、
 上体が外に開いてしまうと、バックキックを放った際に、
 足が弧を描いてしまうため、相手に蹴りがバレやすくなります

 バックキックが有効な理由の一つは、
 下方部死角から直線的にかかとが飛んでくるため、
 非常に防ぎにくいことにありますが、弧を描いてしまうとこの長所が削がれてしまいます。

 なので、目視確認はするが、体はあまり捻じらないようにしましょう。
 

2.かかとを十分に上げる

 正面や横への蹴りの場合、膝を正面に上げることがセオリーですが、
 バックキックでは、膝を正面に上げると蹴る方向とは逆に勢いが行ってしまうので、NGです。
  
 むしろ、かかとでお尻を叩くようなイメージで、
 素早く後方に足を上げ、慣れてきたら、徐々に後方に足を放り出していきましょう。

 ミットやサンドバックに対して、勢いよくかかとが刺さるようになれば成功です。


3.蹴った後のフォローを忘れない

 バックキックを蹴った直後は、まだ相手に背中が向いている状態です。

 その場に止まってしまうと、蹴りが十分決まっていない場合などは、
 非常に危険な状態になるので、蹴った後のアクションまで意識を向けることをお勧めします。

 素早く相手に振り向いて追撃をするのであれば、足を降ろしつつ相手に振り向きましょう。

 相手からいち早く逃げるのであれば、蹴った勢いで正面にステップして逃げましょう。


バックキックの基本的なポイントは以上です。

特殊な状況での蹴りですが、いざと言う場合には役立ちますので、是非、覚えてみてください。




関連記事

テーマ : 格闘技
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
プロフィール

蹴り技ポータル

Author:蹴り技ポータル
蹴り技情報を配信。

中の人は普通の三十路サラリーマンで、中国拳法と軍隊護身術メインに修行中。

ただし紹介する蹴り技は特に流派問わずです。

YouTubeにて蹴り技に挑戦中ですが…まだまだ未熟です。

YouTubeチャンネル

なお、当サイトの内容は、管理人の知識と経験に基づいたものであり、効果と安全性を保障するものではありません。
もし実践される場合は、各自自己責任で行って下さいませ。何卒ご了承下さい。

著作権フリーBGM配布サイト HURT RECORD 応援バナー

twitter
おススメサイト更新情報
お勧めリンク
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
266位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
格闘技
14位
アクセスランキングを見る>>
アクセス数
メッセージフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。