スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

手首などへの組技・関節技で固めた相手を蹴る場合

護身術系の武道だと、こちらの首を絞めてきたり、
腕を捕えてきた相手の手首を極めて落とす場面があります。

固めた後、状況によっては蹴りで相手を追撃して、
無力化させてしまうこともあるのですが、実は、
固められている側にとっては反撃のチャンスになることもあります。

例えば、固め方が甘い場合、
蹴る瞬間に空いた手でつかみかかってきたり、
懐から武器を出すことが可能です。

その他、固めが十分でも、
蹴る瞬間に空いての手がフリーハンドだと、
破れかぶれに殴ってくることもありえます。

そこで、蹴りで追撃をする場合は、相手の手に
重心がかかっていたり、そもそも両手を極めるなどして、
フリーハンドを作らないようにしましょう。

両指をいともたやすく破壊するセガールさん


十字小手の例。相手の重心が前のめりになって、フリーハンドを封じている点に注目。



なお、固め技は関節が柔らかかったり、
筋肉量が異常にある相手には、
決まりにくい場面もあります。

その場合、固めて極めることに拘ると、
こちらの視野が狭窄になって、
状況が悪化することもありえます。

実際に固めが極まらない相手に延々と技を
極めようとしたら、体ごとぶつかってこられた経験があります(涙)

なので、極まらない相手には、
さっさと蹴りで打撃を入れて、
無力化してしまいましょう。



関連記事

テーマ : 格闘技
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
プロフィール

蹴り技ポータル

Author:蹴り技ポータル
蹴り技情報を配信。

中の人は普通の三十路サラリーマンで、中国拳法と軍隊護身術メインに修行中。

ただし紹介する蹴り技は特に流派問わずです。

YouTubeにて蹴り技に挑戦中ですが…まだまだ未熟です。

YouTubeチャンネル

なお、当サイトの内容は、管理人の知識と経験に基づいたものであり、効果と安全性を保障するものではありません。
もし実践される場合は、各自自己責任で行って下さいませ。何卒ご了承下さい。

著作権フリーBGM配布サイト HURT RECORD 応援バナー

twitter
おススメサイト更新情報
お勧めリンク
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
348位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
格闘技
16位
アクセスランキングを見る>>
アクセス数
メッセージフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。