スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パンチ系の技から蹴り技を繋げるときの注意点

素早いパンチ系から威力の高いコンビネーションは、
コンビネーション系のなかでも比較的スタンダートなものですが、
シャドウで練習していると、一点忘れがちなポイントがあります。

それは「間合い」です。

基本的に、パンチの間合いと蹴りの間合いは
けっこうな開きがありますが、ついついこの間合いの違いを
無視してコンビネーションを漫然と練習してしまうケースが多いです。

例えば、ワンツー・廻し蹴りのような基本的なコンビネーションの場合、
ワンツーの段階で相手が下がっている、または、相手の射程外から
ワンツーで牽制しているなどの事情が無いと、蹴りが綺麗には当たりません。

その意識が無いと、シャドウの後の実戦で、
蹴りが決まらない、出しにくいなどの違和感を覚えてしまいます。


蹴りをパンチに混ぜるなら、ローや股間蹴り、
あるいは膝蹴りのようにパンチに近い間合いの
蹴り技コンビネーションを覚える。

または、ワンツーの後に腰を戻したり、
相手を突き飛ばしたりしてから蹴るなどして
間合い調整してから、実際に蹴りを出しましょう。


関連記事

テーマ : 格闘技
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
プロフィール

蹴り技ポータル

Author:蹴り技ポータル
蹴り技情報を配信。

中の人は普通の三十路サラリーマンで、中国拳法と軍隊護身術メインに修行中。

ただし紹介する蹴り技は特に流派問わずです。

YouTubeにて蹴り技に挑戦中ですが…まだまだ未熟です。

YouTubeチャンネル

なお、当サイトの内容は、管理人の知識と経験に基づいたものであり、効果と安全性を保障するものではありません。
もし実践される場合は、各自自己責任で行って下さいませ。何卒ご了承下さい。

著作権フリーBGM配布サイト HURT RECORD 応援バナー

twitter
おススメサイト更新情報
お勧めリンク
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
348位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
格闘技
16位
アクセスランキングを見る>>
アクセス数
メッセージフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。