スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高威力 長リーチの蹴り技「サイドキック」の練習で意識するポイント(応用編)

前回、サイドキック上達に向けた基本的なポイント3つをご紹介しました。

今回は、さらに威力や実用性を伸ばすための
応用的なポイントを動画と私見を交えつつご紹介します。


1.インパクトの瞬間に力を入れる

 サイドキックは全身をフルに使う蹴りなので、
 きちんと体の使い方と間合いがマッチすれば、
 相当な威力を秘めた蹴り技です。

 そんな蹴り技に、さらにコンビネーションと隙の少なさが加わったら…

 鬼に金棒ですよね。

 それを可能にするのが、「引き足」のテクニックです。

 参照動画:コンビネーションとヒットアンドアウェイ、どちらにも派生できます。
 
 

 ご覧のとおり、蹴った足を素早く次のアクションに用いることで、
 距離を取ったり、強烈なコンビネーションを決めたりできます。

 ポイントとなるのは、インパクトの瞬間だけに力を入れること。
 
 もし力んだ状態で蹴ってしまうと、重くなった蹴り足のせいで
 重心を持って行かれてしまい、素早く次のアクションに移行できません。

 そこで、インパクトの瞬間だけに力を入れることで、
 素早く足を引き戻す「引き足」のテクニックが活躍するわけです。

 このテクニックをマスターすると、蹴りそのものの速度もアップしますし、
 スピードが上がる結果、威力も上がるので基礎的なポイントを抑えたら、是非マスターしたいところです。


2.当てる足の部位を意識する。

 サイドキックにも、ざっくり分けて
  ①「相手を吹き飛ばす」目的のものと、
  ②「内側にダメージを与える」目的の2種類があります。

 この①②の効果を左右するのが、当てる足の部位です。

 まず、①「相手を吹き飛ばす」目的の場合は、
 相手に押す力を加えるため、「足裏全体」で蹴るのが一般的です。

 イメージとしては、バットやハンマーなどのように「面」で蹴る感じですね。


 一方、②「内側にダメージを与える」目的の場合は、
 ダメージを一点に集中させたいので、かかと部分、
 欲を言えば、「かかと部分のさらに足の外側の一点」で蹴ります。

 こちらのイメージとしては、アイスピックのように「点」で蹴る感じです。

参照動画:0:40以降参照。①②の蹴る部位が分かります。



 最初は、脚を放り出すだけでも良いのですが、
 ある程度フォームが出来てきたら、さらに有効に活用できるよう、
 当てる部位を意識すると、場面場面で効率よくダメージを伸ばせるようになります。

 最初は、サンドバックやミット相手に、ゆっくり足を当ててみてください。


サイドキック解説は以上ですが、実用性に富んだ蹴りですし、
アクション的にも見栄えが良いので、覚えると面白くなりますよ~

※ サイドキックの基礎を見直したい方はこちら。

※ 先にスコット・アドキンスのような踏み込みのポイントを知りたい方はこちら。



 
関連記事

テーマ : 格闘技
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
プロフィール

蹴り技ポータル

Author:蹴り技ポータル
蹴り技情報を配信。

中の人は普通の三十路サラリーマンで、中国拳法と軍隊護身術メインに修行中。

ただし紹介する蹴り技は特に流派問わずです。

YouTubeにて蹴り技に挑戦中ですが…まだまだ未熟です。

YouTubeチャンネル

なお、当サイトの内容は、管理人の知識と経験に基づいたものであり、効果と安全性を保障するものではありません。
もし実践される場合は、各自自己責任で行って下さいませ。何卒ご了承下さい。

著作権フリーBGM配布サイト HURT RECORD 応援バナー

twitter
おススメサイト更新情報
お勧めリンク
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
479位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
格闘技
24位
アクセスランキングを見る>>
アクセス数
メッセージフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。