スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高威力 長リーチの蹴り技「サイドキック」の練習で意識するポイント3つ(基本編)

蹴り技のメリットとして「威力が高い」「リーチが長い」がありますが、
なかでもサイドキックはこの特徴が際立っている蹴り技です。

スコット・アドキンスの場合:遠距離から相手が吹き飛ぶほどの蹴りを放ちます。


相手の腹部に突き刺さるようなサイドキック


とっさの横方向への迎撃や、距離が離れた相手へのコンビネーション、
遠距離からの奇襲と汎用性が高いので、蹴り技使いとしては、是非とも習得したいですね。

しかし、サイドキックは、普通の前蹴りと違って、
体の使い方が日常生活に無い行動なので、
修得するのがちょっと大変な蹴りでもあります。


そこで、今回はサイドキックの蹴り方について、
上手い方を参考に、個人的に意識しているポイントをまとめてみました。


1.まずは膝をしっかり上げる。

 蹴り全般に言えることですが、特にサイドキックでは、
 まずは膝をしっかり上げましょう。

 ここを怠ると、脚が真下から振りあがる形になってしまい
 サイドキック最大の特徴である、横方向への強烈な力を出せません。

 参照動画:膝がしっかり上がっているのが分かります。



2.蹴る瞬間に胸を張る。

 蹴る瞬間に「弓のように」胸を張らないと、
 バランスを崩してしまい、威力が上手く出ません。

 また、もし当たったとしても、反動に堪えられなくなってしまうので、
 蹴りっぱなしの隙だらけになる恐れがあります

 先程の参照動画でも、しっかり胸を張っていたのが分かるかと思います。


3.重心はしっかり落とす

 これも蹴り全般に言えることですが、特にサイドキックでは、
 足が遠くに行くので、膝を曲げて重心を落とさないと、
 バランスを崩しやすくなり、威力も出ません


 さらに、万一相手に避けられたり、弾かれたりすると、
 一気に体勢が崩れて、目も当てられない事態になるので、
 最初は壁に手を着くなどして、重心を落とす練習をしましょう。


細かく言えば意識するポイントは相当にあるのですが、
まずは、上記の3つを意識するだけでも、正しい方向性で練習できます。

最初から高い位置を蹴る必要はないので、
まずは、膝くらいの高さから練習してみてはいかがでしょうか。


次回は、より威力とリーチを出すための「応用編」です。

※ 先にスコット・アドキンスのような踏み込みのポイントを知りたい方はこちら。


関連記事

テーマ : 格闘技
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
プロフィール

蹴り技ポータル

Author:蹴り技ポータル
蹴り技情報を配信。

中の人は普通の三十路サラリーマンで、中国拳法と軍隊護身術メインに修行中。

ただし紹介する蹴り技は特に流派問わずです。

YouTubeにて蹴り技に挑戦中ですが…まだまだ未熟です。

YouTubeチャンネル

なお、当サイトの内容は、管理人の知識と経験に基づいたものであり、効果と安全性を保障するものではありません。
もし実践される場合は、各自自己責任で行って下さいませ。何卒ご了承下さい。

著作権フリーBGM配布サイト HURT RECORD 応援バナー

twitter
おススメサイト更新情報
お勧めリンク
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
318位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
格闘技
18位
アクセスランキングを見る>>
アクセス数
メッセージフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。