スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

迎撃できなければ死あるのみ。ダウン状態におけるフロントキック。

一般にダウン状態は行動が大幅に制限されるため非常に危険です。

相手にしてみれば、接近して踏みつけたり、
覆い被さってタコ殴りにすることもできるので、
攻撃するつもりなら何とか接近してこようとします。

当然ですが、無対策だと死あるのみなので、
即座に起き上がりたいところですが、実際には
相手との距離が近すぎて起き上がれないケースも多々あります。

そこで、起き上がりの時間を稼ぐために、
ダウン状態でも相手を攻撃する術を覚える必要がありますが、
手はリーチが短すぎることと、できればディフェンスに回したいので使えません。

そこで、蹴り技の出番ですが、
ダウン状態で最もベーシックな蹴り技は、
立ち技同様に前蹴り(フロントキック)になります。

 参考動画:足側から迫る相手を蹴り飛ばします!
 

立ち技におけるフロントキックには、
中足で蹴るダメージ重視の蹴りと、
足裏全体で蹴るプレッシャー重視の蹴りがありますが…

ダウン状態におけるフロントキックは、
基本的に足裏全体で蹴るモノになります。

理由としては、とにかく相手を吹っ飛ばして距離を取りたいことと、
相手が前方に来る状況でダメージ重視の蹴りを放ってしまうと、
相手が前方につんのめって倒れ込んでくる可能性があるからです。

練習でミットを蹴るときは、蹴りで押し返せねば
死ぬくらいのつもりで、思い切り蹴飛ばしましょう。

逆にミットで接近する側も、
相手が慣れてきたと感じたら、
本気で覆い被さってみましょう。

ダウン状態は一発の反撃が明暗を分けます。

是非、必死感を持って練習してみてください。


関連記事

テーマ : 格闘技
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
プロフィール

蹴り技ポータル

Author:蹴り技ポータル
蹴り技情報を配信。

中の人は普通の三十路サラリーマンで、中国拳法と軍隊護身術メインに修行中。

ただし紹介する蹴り技は特に流派問わずです。

YouTubeにて蹴り技に挑戦中ですが…まだまだ未熟です。

YouTubeチャンネル

なお、当サイトの内容は、管理人の知識と経験に基づいたものであり、効果と安全性を保障するものではありません。
もし実践される場合は、各自自己責任で行って下さいませ。何卒ご了承下さい。

著作権フリーBGM配布サイト HURT RECORD 応援バナー

twitter
おススメサイト更新情報
お勧めリンク
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
266位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
格闘技
14位
アクセスランキングを見る>>
アクセス数
メッセージフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。