スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

倒れても諦めない。ダウン状態での廻し蹴り。

護身術を学ぶ場合、ときに最悪の状況を想定して練習することがあります。

典型的には、こちらが何らかの原因で倒れている場合などがありますが、
立っている状態に比べて、取れる行動が極端に制限されてしまいます。

一番の対処方法は、安全かつ早急に立ち上がることですが、
そうは言っていられない場面も多々あります。

しかし、ダウン状態での抵抗方法を練習しておけば、
とりあえず、パニックになって身動きが取れない…
と言った事態は回避できるので、時にはダウン状態での練習も必要となります。

今回ご紹介するダウン状態の蹴りは、
ダウン時の廻し蹴りです。

 参考動画:相手の脚を横から思い切り蹴り飛ばします。
 

状況として、相手が足側から側面を迂回してこようとしたときに、
身体を倒して相手の脚を思い切り蹴飛ばすものです。

この状況が生じる前提は、そもそも倒れたときに、
例えば、足を相手に向けて壁を作るなど、
適切な構えを取っている必要があります。

完全にダラッと仰向けに倒れてしまうと、
側面から回るまでもなく、相手が覆い被さってくるので、
そもそもこの蹴りの出番ではなくなりますし、
仮に蹴ったとしても、蹴りまでのラグが大きくなってしまいます。

ダウン状態の蹴り全般に言えることですが、
倒れても相手に攻めにくいと感じさせるように、
適切なポジショニングと構えを意識するようにしましょう。



関連記事

テーマ : 格闘技
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
プロフィール

蹴り技ポータル

Author:蹴り技ポータル
蹴り技情報を配信。

中の人は普通の三十路サラリーマンで、中国拳法と軍隊護身術メインに修行中。

ただし紹介する蹴り技は特に流派問わずです。

YouTubeにて蹴り技に挑戦中ですが…まだまだ未熟です。

YouTubeチャンネル

なお、当サイトの内容は、管理人の知識と経験に基づいたものであり、効果と安全性を保障するものではありません。
もし実践される場合は、各自自己責任で行って下さいませ。何卒ご了承下さい。

著作権フリーBGM配布サイト HURT RECORD 応援バナー

twitter
おススメサイト更新情報
お勧めリンク
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
348位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
格闘技
16位
アクセスランキングを見る>>
アクセス数
メッセージフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。