スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

踏み付けを行う場合に意識しておきたいこと。

護身の場面において、何らかの理由により相手を倒した場合、
相手の追撃や起き上がりを防ぐために急所などを踏み付けることがあります。

しかし、意外とこの踏み付けは難しく、
思い切り踏んでもさほどダメージにならなかったり、
逆にこちらが勢い余って体勢を崩すこともあります。

これは、追撃の場面になると、ついつい興奮して
余計な力が入ってしまうことが原因です。

そこで、踏み付けを決める場合は、
膝を上げたら、相手に乗って体重を
預けるイメージで脱力しましょう。

これは、相手がいれば実験してみるとわかりますが、
腹筋を力んで踏んでしまう場合と、脱力して足裏で
圧し掛かられた場合では、脱力している方がプレッシャーが強いです。

踏み付け腹筋
実験ついでに腹筋も鍛えましょう。
乗る場合は絶対に肋骨に乗らないように!

普段なかなか出番のない踏みつけですが、
しかるべき場面が来ると、とっさに出てしまうので、
不利な状況を招かないように練習しておきましょう。


関連記事

テーマ : 格闘技
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
プロフィール

蹴り技ポータル

Author:蹴り技ポータル
蹴り技情報を配信。

中の人は普通の三十路サラリーマンで、中国拳法と軍隊護身術メインに修行中。

ただし紹介する蹴り技は特に流派問わずです。

YouTubeにて蹴り技に挑戦中ですが…まだまだ未熟です。

YouTubeチャンネル

なお、当サイトの内容は、管理人の知識と経験に基づいたものであり、効果と安全性を保障するものではありません。
もし実践される場合は、各自自己責任で行って下さいませ。何卒ご了承下さい。

著作権フリーBGM配布サイト HURT RECORD 応援バナー

twitter
おススメサイト更新情報
お勧めリンク
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
340位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
格闘技
23位
アクセスランキングを見る>>
アクセス数
メッセージフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。