スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

蹴り技の可動域を広げる腰の捻転コンビネーション。

蹴り技でスピードとパワー度出す場合、
腰の捻転が鍵になりますが、普段腰を捻転させていないと、
可動域が狭くて思ったように腰を捻転できません。

そこで準備体操から徐々に捻転をさせていくのが
セオリーになってきますが、今回はちょっと応用させて、
コンビネーショントレーニングを通じて、腰の可動域を拡張する方法です。

具体的には、下記のように左回転から真逆の右回転に
思い切り旋回させるコンビネーションを繰り返します。

・ 左手始動のワンツーから、右回転の後ろ廻し蹴り
・ 後ろの手による肘打ちから、右回転の後ろ廻し足刀蹴り

参考動画:手前味噌ですが滑る草地などでやってみても面白いです。


回転の際に、重心が伸び上がったり、
腰の捻転が上手く行っていないと、
後ろ廻し蹴りがしっかり蹴れません。

腰の可動域を実際の動きに合わせて広げるには、
なかなか負荷の高いトレーニングになるので、
試してみてください。

なお、実戦のコンビネーションとして使うなら、
腰の逆回転に合せてフックを放つことをお勧めします。

フックに気を取られた相手に、後ろ廻し蹴りが刺さります。

ただし、パンチの間合いなので、フックの際に重心を後足に移したり、
膝を抱え込んで蹴り足をしっかり畳むなど工夫が必要になるのでご注意ください。


関連記事

テーマ : 格闘技
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
プロフィール

蹴り技ポータル

Author:蹴り技ポータル
蹴り技情報を配信。

中の人は普通の三十路サラリーマンで、中国拳法と軍隊護身術メインに修行中。

ただし紹介する蹴り技は特に流派問わずです。

YouTubeにて蹴り技に挑戦中ですが…まだまだ未熟です。

YouTubeチャンネル

なお、当サイトの内容は、管理人の知識と経験に基づいたものであり、効果と安全性を保障するものではありません。
もし実践される場合は、各自自己責任で行って下さいませ。何卒ご了承下さい。

著作権フリーBGM配布サイト HURT RECORD 応援バナー

twitter
おススメサイト更新情報
お勧めリンク
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
479位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
格闘技
24位
アクセスランキングを見る>>
アクセス数
メッセージフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。