スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「格闘技」と「護身術」の違いについて考えてみた。

今回は、蹴り技専門のテーマではなく、

「格闘技」と「護身術」について、その違いを考察してみました。

私もそうですが、ともすれば「格闘技」=「護身術」

あるいは、「格闘技」の一ジャンルとして「護身術」がある

…と考えてしまいますが、実は、両者は全く違うものです。


goo辞書によれば、下記のような定義づけがなされています。

「格闘技(格技)」
 一対一で組み合ったり打ち合ったりして勝負する競技。

「護身術」
 他人から危害を加えられた際に自分の身を守るためのわざ。
 積極的に相手に攻めかかるのではなく、相手が攻撃しにくい距離を保つ、
 つかまれた腕を振り払う、道具による攻撃を制するなど、受け身のわざが中心となる。


個人的な見解になってしまいますが、砕いて言えば、

 「格闘技」 = ルール(制約)に則って相手に勝つことが目的。
 「護身術」 = 危険を避けて生き残ることが目的。

と、両者は全く目的を異にしています。


具体的には、格闘技の場合、相手にルールに則り勝つことが目的なので、
基本的には逃走はありえず、ルール上の勝敗が決するまで逃げることはできません。

一方、護身術の場合、危険を避けて生き残ることが目的なので、
基本的には逃走もアリだし、助けを求める大声を出せるといった技能も、
広義では護身術に含まれるといった違いがあります。


これは、どちらかが優れている・劣っているということではなく、
そもそも目的が大きく違うので、比べようがないということの証左でもあります。


格闘技の場合、逃走は出来ず、戦闘態勢の整った相手を敵に回すので、
如何に鍛え上げた肉体と技術を駆使して勝つのか、高度な駆け引きを要求されます。

ただし、例えば金的など反則となるポイントを狙うことは禁止されていますので、
攻撃される対象が限定されているとも言えます(限定されている分、却って狙いにくいのですが)。


護身術の場合は、逃走がOKと言うかむしろ逃げれるなら逃げるべきというのが、
生き残るための基本発想になるので、日常生活において危険を回避したり、
危険に巻き込まれても逃走経路や武器を意識するなど、意識すべき範囲が広がります。

ただし、逃げ場がないとなれば、逃げ場を作るための手段を問わないので、
反則技の概念はありません。システマやクラヴマガに見られるように、
緊急時でも平静に動けるように、様々な状況を設定してとにかく事例を体に覚え込ませていきます。


さて長々と書いてきましたが、実は日ごろの練習において、
「格闘技」と「護身術」の違いを意識することは、
上達に関わってきます。


「格闘技」の練習を意識していれば、ルールに則った動きを叩き込み、
限定された攻撃ポイントを如何に突き崩すか「目」を養う意識が醸成されます。

「護身術」の練習を意識していれば、体格に劣ることを前提に、
攻撃後の離脱や、逃走経路の確保、周囲の警戒など「意識」を養う感覚が醸成されます。


このように、目的が明確だと、練習効率が向上するのは明白です。

逆に無目的に何となく練習してしまうと、
どっちつかずの技術が身についてしまい、
目的を達成することがむずかしくなるかもしれません。


ともすれば、同じような動きをしているように見える
「格闘技」と「護身術」ですが、言葉の意味から目的を
明確にすると、上達の助けになるかと思います。


…と、自戒を込めて〆させていただきます(汗)



関連記事

テーマ : 格闘技
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
プロフィール

蹴り技ポータル

Author:蹴り技ポータル
蹴り技情報を配信。

中の人は普通の三十路サラリーマンで、中国拳法と軍隊護身術メインに修行中。

ただし紹介する蹴り技は特に流派問わずです。

YouTubeにて蹴り技に挑戦中ですが…まだまだ未熟です。

YouTubeチャンネル

なお、当サイトの内容は、管理人の知識と経験に基づいたものであり、効果と安全性を保障するものではありません。
もし実践される場合は、各自自己責任で行って下さいませ。何卒ご了承下さい。

著作権フリーBGM配布サイト HURT RECORD 応援バナー

twitter
おススメサイト更新情報
お勧めリンク
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
292位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
格闘技
18位
アクセスランキングを見る>>
アクセス数
メッセージフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。