スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

相手のガードを掻い潜る「軌道変化系」蹴り技の基礎ポイント!

一般的に、蹴りは前蹴りなら正面に、
廻し蹴りなら横切るようにと、一方向のみの動きしかしません。

受ける側も無意識に蹴りの方向が
一定であると思い込む傾向がありますが…

実は、あるテクニックを使うと、
蹴り技の軌道を変化させることが出来ます。

例えば代表的なところで言うと、

 ・前蹴り → 廻し蹴り(上中下いずれも可能)
 ・前蹴り → 振り下ろし蹴り(ブラジリアンキック)
 ・股間蹴り → 振り下ろし型ローキック

手前味噌ですが、前蹴り派生の軌道変化シリーズをセルフスロー交えて撮影してみました。



相手にしてみれば、真っ直ぐ蹴りが来ると
思っていたところに、突然、別角度から足が飛んでくるので、
意表を突かれて喰らってしまうこともあります。

特に、攻撃部位を見てしまう癖のある方は、
視界が狭くなっているので、この手の軌道変化攻撃に
ほぼ対応できないことが多いです。


とは言え、足は手のように器用ではないので、
軌道を変化させようとすると、却ってバランスを崩したり、
威力の無い蹴りに化けてしまったりと、なかなか上手く行きません。

そこで、今回は軌道変化をさせる場合に、
まず意識すべきポイントを2つご紹介します。


1.足先で軌道を変化させようとしない

 よくやりがちな失敗ですが、足先で軌道を変化させようとすると、
 体が急な足先の変更についていけずに、バランスを崩します。

 軌道変化とは言えども、あくまで足先は腰の回転に乗せるようにして、
 インパクトの瞬間までは、独立に力を入れないように注意しましょう。


2.軸足で軌道を変えるようにする

 ベーシックな例ですが、前蹴り→廻し蹴りの場合であれば…
 
 ・ 前蹴りまでは軸足のつま先は真っ直ぐ前(または真横)に向けて蹴る
 ・ 前蹴りを蹴った瞬間に、軸足のかかとを相手に完全に向けるまで反して膝を横に倒して蹴る

 参考画像:廻し蹴り派生の場合、一段目と二段目で軸足が完全に返ります。
 廻し蹴り派生の場合

 参考画像:応用編ですがブラジリアンキックの場合も軸足の考え方は同じです。あとは股関節と膝の柔らかさ次第ですね。
 ブラジリアンキックの場合

普通の蹴りがしっかりできていることを前提に、
両方の足で軌道変化ができると、相手にとっては
相当に嫌らしい蹴り技になります。

基本の蹴り技練習の合間に、
ちょっと練習してみると面白いですよ。



関連記事

テーマ : 格闘技
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
プロフィール

蹴り技ポータル

Author:蹴り技ポータル
蹴り技情報を配信。

中の人は普通の三十路サラリーマンで、中国拳法と軍隊護身術メインに修行中。

ただし紹介する蹴り技は特に流派問わずです。

YouTubeにて蹴り技に挑戦中ですが…まだまだ未熟です。

YouTubeチャンネル

なお、当サイトの内容は、管理人の知識と経験に基づいたものであり、効果と安全性を保障するものではありません。
もし実践される場合は、各自自己責任で行って下さいませ。何卒ご了承下さい。

著作権フリーBGM配布サイト HURT RECORD 応援バナー

twitter
おススメサイト更新情報
お勧めリンク
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
292位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
格闘技
18位
アクセスランキングを見る>>
アクセス数
メッセージフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。