スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

靴を履いている場合限定。相手を引き寄せる蹴り技「引っ掛け蹴り」!

今回は靴を履いている場合限定の珍しい蹴り技です。

靴を履いている場合、足が靴で保護されているので、
裸足の場合に比べて、足首を立てて「L」字型にする
蹴りを安全に放つことが出来ます。

例えば、裸足の場合はローキックを蹴る場合、
一般的には足首を伸ばして、脛全体で蹴るようにしますが、
本当であれば、「L」字型にした方が、脛が硬くなるので威力が増します。

しかし、裸足の場合に「L」字型にしてしまうと、
指先が思わぬ当たり方をして折れてしまうので、
已む無く足首を伸ばして蹴るというわけです。


一方、靴を履いている場合は、
指先が保護されているので、「L」字型で下線文
ローキックを蹴っても、折れる心配はさほどしなくて済みます。


この「L」字でローを蹴るテクニックを応用したのが、
相手の足首やひざ裏を引っ搔けて引き寄せる「引っ掛け蹴り」です。

インローから引っ掛けて引き寄せます。
引っ掛け蹴り
※ YouTubeで活躍中のKwonkickerさんの動画からお借りしました。

相手の体重が乗りかけたところに
引っ掛けつつステップして下がると、
相手は転倒することもあります。

もちろん、引っ掛けつつ引き寄せるだけでは、
相手が破れかぶれでパンチを放ってくることもあるので、
引き寄せつつ、こちらもパンチや肘で迎撃しましょう。

なお、相手の膝ブロックの引き寄せが甘い場合も
上手く引っ掛かるので、膝ブロックで固まった相手を
強引に引き寄せることも可能です。

裸足の場合は指が折れるリスクがあるので危険ですが、
靴を履いている場合は、是非練習してみてください。


関連記事

テーマ : 格闘技
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
プロフィール

蹴り技ポータル

Author:蹴り技ポータル
蹴り技情報を配信。

中の人は普通の三十路サラリーマンで、中国拳法と軍隊護身術メインに修行中。

ただし紹介する蹴り技は特に流派問わずです。

YouTubeにて蹴り技に挑戦中ですが…まだまだ未熟です。

YouTubeチャンネル

なお、当サイトの内容は、管理人の知識と経験に基づいたものであり、効果と安全性を保障するものではありません。
もし実践される場合は、各自自己責任で行って下さいませ。何卒ご了承下さい。

著作権フリーBGM配布サイト HURT RECORD 応援バナー

twitter
おススメサイト更新情報
お勧めリンク
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
340位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
格闘技
23位
アクセスランキングを見る>>
アクセス数
メッセージフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。