スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テンポ外しや追い込みで使える、ワンツー → スイッチキックの蹴り技コンビネーション。

MMAやキックボクシング、ムエタイなどでよく見かけるコンビネーションに、
スイッチキック(瞬時に前後の足を入れ替えて蹴る蹴り技)を絡めたものがあります。

「普通のワンツー → 後足or前足でのキック」のコンビネーションと違い
スイッチのアクションが入る分、ワンテンポ蹴りが遅れて出ることが特徴です。

 参考動画:ワンツーで畳み掛けてから相手を追い込むタイプのスイッチキック。
 

 参考動画:手前味噌ですが、その場でスイッチするタイプのコンビネーション。
 

■ 使いどころ

 ワンツーで意識が手に向かったところに、強烈な蹴りを叩き込みたいとき。
 
 あるいは、相手が下がったときに、追いかけつつ攻めを持続させたい場合に使います。

 通常の「ワンツー → 後ろ足の蹴り」は、パンチと蹴りの間合いが違うことから、
 場合によっては、相手と距離が詰まってしまうことがあります。

 しかし、スイッチキックの場合、パンチの距離でもスイッチで距離の微調整ができるので、
 間合いを調整しつつ、腰の入った強力な蹴りを叩き込むことが出来るメリットがあります。
 
 また、テンポが少し遅れるので、下手に反応した相手の虚を付いて、
 蹴りが決まることもしばしばあったりします。


■ スムーズにつなげるポイント

 スイッチ部分で上下に大きく跳ねてしまうと、
 相手に察知されますし、蹴りの出が極端に遅くなるので、
 反撃をもらってしまう可能性があります。

 足を入れ替えようという意識が強いと、
 どうしても跳ねてしまうので、むしろ膝を落として
 沈み込む感覚で足を入れ替えると、素早くコンパクトにスイッチできます。

 慣れが必要なコンビネーションなので、
 ミットを蹴るなどして、繰り返し練習してみましょう。

 参考動画:偶数のパンチならスイッチ、奇数なら通常の蹴りと瞬時に使い分けると良い練習になります。
 


スイッチキックを混ぜたコンビネーションは変則的ですが、
使えると、ワンツーからの攻め幅が広がるので、トライしてみてください。



 
関連記事

テーマ : 格闘技
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
プロフィール

蹴り技ポータル

Author:蹴り技ポータル
蹴り技情報を配信。

中の人は普通の三十路サラリーマンで、中国拳法と軍隊護身術メインに修行中。

ただし紹介する蹴り技は特に流派問わずです。

YouTubeにて蹴り技に挑戦中ですが…まだまだ未熟です。

YouTubeチャンネル

なお、当サイトの内容は、管理人の知識と経験に基づいたものであり、効果と安全性を保障するものではありません。
もし実践される場合は、各自自己責任で行って下さいませ。何卒ご了承下さい。

著作権フリーBGM配布サイト HURT RECORD 応援バナー

twitter
おススメサイト更新情報
お勧めリンク
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
318位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
格闘技
18位
アクセスランキングを見る>>
アクセス数
メッセージフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。