スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

倒れた相手への蹴り技。追撃としての「踏みつけ」「蹴り込み」

相手を投げ技や足払いなどで転倒させた場合、
受け身の巧みな相手だと、すぐさま起き上がってきたり、
倒れた状態から蹴り技を放ってくることがあります。

特に、対複数の場合は、転倒した相手が
再度起き上がらないように時間を稼ぐ必要があるので、
素早い追撃が必要になることもあります。

そこで、今回は追撃用の蹴り技について、
直ぐにできるもの2種類をご紹介します。


1.踏みつけ

 文字通り、足の裏で踏み付けます。

 蹴り方は簡単で、膝をしっかり上げてから、
 真下に足を踏み下ろすだけですが、威力を出す場合は、
 かかと側の足裏で貫通させるように蹴ると効果的です。

 蹴りの性質上、威力はあるものの、相手に密着していないと当たらないので、
 相手が倒れてからもたつくと、軸足を払われたり、足をいなされて逆に倒されます。

 決めるなら、転倒後に素早く仕掛けましょう。

 なお、この踏み付けですが、立った相手への足の甲や膝への踏み蹴りへ応用が利きます。
 なので、勢いよく踏める練習をしておくと、これらの蹴り技にも応用できますね。

 参考動画:踏み付け系の蹴り技をスローで解説しています。
 


2.蹴り込み

 前蹴りの要領で、転倒している相手の腹部や頭部を蹴り込みます。

 これも普通の前蹴り同様に、膝を抱えて中足で鋭く蹴りますが、
 踏み込みよりもリーチがあり、バランスも崩しにくいです。

 NGの蹴り方として、サッカーボールを蹴るように、足を後方に振り上げてしまうと、
 相手に察知されますし、自分のバランスを崩す原因にもなります。

 状況は特殊ですが、普通の前蹴りと同じなので、
 セオリー通りに蹴るようにしましょう。

 参考動画:演武ですが、倒して固めた相手に綺麗に蹴り込んでいます。倒した相手を盾にする位置取りもポイント。
 


追い打ちの蹴りは、普段なかなか練習できませんが、
いざと言う場合に、相手を無力化して逃げたり、
他の相手に専念できるようにするには役立つ蹴り技です。

フォームのイメージだけでもしておくと、
蹴ることが出来るので、動画などを参考に試してみると良いかと思います。


関連記事

テーマ : 格闘技
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
プロフィール

蹴り技ポータル

Author:蹴り技ポータル
蹴り技情報を配信。

中の人は普通の三十路サラリーマンで、中国拳法と軍隊護身術メインに修行中。

ただし紹介する蹴り技は特に流派問わずです。

YouTubeにて蹴り技に挑戦中ですが…まだまだ未熟です。

YouTubeチャンネル

なお、当サイトの内容は、管理人の知識と経験に基づいたものであり、効果と安全性を保障するものではありません。
もし実践される場合は、各自自己責任で行って下さいませ。何卒ご了承下さい。

著作権フリーBGM配布サイト HURT RECORD 応援バナー

twitter
おススメサイト更新情報
お勧めリンク
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
292位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
格闘技
18位
アクセスランキングを見る>>
アクセス数
メッセージフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。