スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

決まれば一気に有利になる蹴り技!タイミングが命の足払い(レッグスウィープ)を上手く蹴るポイント。

蹴り技のなかには、相手の転倒を狙った足払いがあります。

蹴り方によっては、ローキックと混同しがちですが、
ローキックが相手の脚へダメージを蓄積させる狙いであるのに対して、
足払いは、相手の転倒を狙った蹴り技になります。

そのため、ローキックが急所である太腿を狙うのに対して、
足払いは、体の末端である足首付近を狙うことで重心を崩そうとします。

上手く蹴れるようになると、相手のちょっとした隙を狙って、
転倒させられるようになるので、護身の観点からも非常に有利な状況になります。

その一方で、人間、足に衝撃が加わればバランスを取ろうとするので、
力任せに蹴るだけでは、なかなか相手を転倒させることは難しいです。

そこで、今回は相手に足払いを決める場合に、
意識すべきポイントを紹介します。


1.相手の重心を意識する

 相手の重心が両足に均等に乗っており、
 腰をしっかり落とした状態では、いくら蹴っても
 そうそう転倒させられるものではありません。

 例えば、相手の重心をかかと側に寄せて、
 重心が浮いたとことに蹴ると、綺麗に転倒を狙えます。

 参考動画:サンボにおける足払い。
 

 または、相手が慌てて後退した場合など、
 重心が全体的に浮いている場合も狙い目ですね。

 参考動画:至近距離で相手を追い込んでから足払い。
 

2.蹴る角度を考える

 足は構造上、前後の動きには相当の柔軟性を持っているので、
 正面角度からの足払いで転倒をさせるのは、かなり困難です。

 しかし、左右からの圧力にはそこまで強くないので、
 足払いを掛ける場合は、足に対して横方向から蹴ると、
 比較的、相手に力を掛けやすくなります。

 参考動画:パンチをしてきた相手の脚を横方向から足払い。動画では更にすくい上げています。
 


3.相手の意識を足にもっていかせない

 足払いはいきなり蹴り単品で狙っても決めることは難しいです。

 何だかんだと、人間のバランス維持能力は高いので、
 相手の意識がバランス維持に向かってしまうと、
 転倒させることは非常に難しくなってきます。

 そこで、上述の動画のように、 相手の攻撃してきた瞬間を狙ったり、
 または、相手の状態を操作・ロックするなど、布石を打つようにしましょう。


足払いの方法は格闘技・護身術ごとに様々ですが、
必ず、相手の重心や足の角度を意識することになるので、
足払いの形だけではなく、相手の状態も意識するようにしてください。



関連記事

テーマ : 格闘技
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
プロフィール

蹴り技ポータル

Author:蹴り技ポータル
蹴り技情報を配信。

中の人は普通の三十路サラリーマンで、中国拳法と軍隊護身術メインに修行中。

ただし紹介する蹴り技は特に流派問わずです。

YouTubeにて蹴り技に挑戦中ですが…まだまだ未熟です。

YouTubeチャンネル

なお、当サイトの内容は、管理人の知識と経験に基づいたものであり、効果と安全性を保障するものではありません。
もし実践される場合は、各自自己責任で行って下さいませ。何卒ご了承下さい。

著作権フリーBGM配布サイト HURT RECORD 応援バナー

twitter
おススメサイト更新情報
お勧めリンク
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
348位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
格闘技
16位
アクセスランキングを見る>>
アクセス数
メッセージフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。