スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カッコいい蹴り技の代名詞「段蹴り」。片足で蹴りまくれ!

蹴り技ポータルブログ、初のお題は片足で何発も蹴る技法「段蹴り」です。

まずはこれを見てください…




片足で何発蹴っているんだ!?  ポーン( Д ) ゚ ゚


しかも、直線的な蹴りだけじゃなくて、
踵落としやら、廻し蹴りやら、変則的な蹴りも混ぜているし…

これ出来たらカッコいいだろうなぁ…

そんなわけで、段蹴りについて考察を書いてみました。


1.そもそも段蹴りとは?

 段蹴りとは、片方の足で複数回連続で蹴る技法です。

  ※ 格闘技によって呼称は異なります。

 二段蹴りなら2回、三段蹴りなら3回…と言った具合ですが、一般的に回数が増えると、その分難易度が高くなります。


2.段蹴りを使う場面って?

 アクション映画で使います(笑)

 それは冗談として、リーチのある攻撃を間断なく繰り出せるのが段蹴りのメリットですが、
 反面、長時間片足なのでバランスを崩しやすいという欠点があります。

 そんな特性から、主に実戦だと下記の用途で使うことが多いです。

 ① 【急所への強襲】金的⇒三ケ月(顎の急所)など、軽く当たってもダメージになる個所を連続で攻撃します。リーチがあり起動も読みにくいので、上手い人がやると、槍の連攻みたいになります。

 ② 【本命への陽動】素早い蹴りで意識を足に向けさせておいて、反対の足や突きなど本命攻撃を叩き込みます。中の人も何度か煮え湯を飲まされたことが…(涙)


3.段蹴り覚えるコツって?

 単発の蹴り技をある程度修得していることが前提ですが、
 そのうえで、主に下記2点を意識すると、けっこう上手くなります。


(1)「引き足」を意識する。
 
 段蹴りが間断なく連続で蹴れるのは、蹴った瞬間の引き足で、次発の勢いを得ているからです。

 ※「引き足」とは、インパクトの瞬間に力を入れることで鞭のように足を引き戻す技術です。

 引き足ができないと、蹴った足を自分の力で無理矢理戻さないといけないので、段蹴りの難易度が一気に跳ね上がりますし、腰を十分入れられないので威力も大幅に下がります。

 引き足を上手くするコツは、ズバリ「脱力」と「インパクトの瞬間のみ力を入れる」こと。

 慣れないうちは、低い位置から試してみて、自然と脚が戻ってくる感覚を掴みましょう。


(2)重心を落とす
 
 引き足が出来ても、重心が高いと蹴った瞬間にバランスを崩して段蹴りは失敗します。

 意外と単発だと基本に則って重心を落として蹴ることが出来る方でも、長時間片足になる段蹴りだと、バランスを取ろうとしてケンケンしてしまい、結果として重心を高くしてしまいがちです。

 慣れないうちは、壁に手を着いて、しっかり軸足の膝を曲げて練習しましょう。

 踵落としや廻し蹴りなどを混ぜる場合も、重心がかなり振り回されるので、まずは、壁から練習すると良い感じです。


アクションでも実戦でも有用性のある段蹴り。

蹴り技好きとしては、押さえておきたい一品ですね。





関連記事

テーマ : 格闘技
ジャンル : スポーツ

カテゴリ
プロフィール

蹴り技ポータル

Author:蹴り技ポータル
蹴り技情報を配信。

中の人は普通の三十路サラリーマンで、中国拳法と軍隊護身術メインに修行中。

ただし紹介する蹴り技は特に流派問わずです。

YouTubeにて蹴り技に挑戦中ですが…まだまだ未熟です。

YouTubeチャンネル

なお、当サイトの内容は、管理人の知識と経験に基づいたものであり、効果と安全性を保障するものではありません。
もし実践される場合は、各自自己責任で行って下さいませ。何卒ご了承下さい。

著作権フリーBGM配布サイト HURT RECORD 応援バナー

twitter
おススメサイト更新情報
お勧めリンク
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
318位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
格闘技
18位
アクセスランキングを見る>>
アクセス数
メッセージフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。