スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ディフェンス的な蹴り技、待ち蹴り・ストッピングによる出鼻挫きについて。

蹴り技というと、攻めの場面や「ここぞ!」という場面で決めるイメージがありますが、
リーチの長さを活かして、相手の出鼻を挫くディフェンス的な用途で使うと効果的です。

参考動画:相手の廻し蹴りを悉く潰してしまいます。


相手を迎撃する蹴りの場合、強い蹴りを前に放つというよりも、
相手の突っ込んでくるタイミングを見計らって、足を置く感じで繰り出します。

きちんとタイミングが合うと、相手が勝手に足に突っ込んでくれるので、
攻撃の勢いを止めることが出来るというわけです。

タイミングが完璧なら、相手にとっては相当に嫌らしい防御方法ですが、
使い方を間違えると足を払われたり捕られたりしますし、
場合によっては、足ごとこちらを吹き飛ばしてくることもあります…

そこで、今回はディフェンス的な蹴りを行う場合の注意点を紹介します。


1.相手に近い方の足で蹴る
 
 遠い方の足で蹴ると、相手の踏み込みスピードが速い場合に、
 蹴りが間に合わないので、相手に近い方の足で蹴るようにしましょう。


2.膝をしっかり上げる

 下からすくい上げるような蹴りだと、相手を押し返せませんし、
 突っ込んでくる相手の膝に足が当たって怪我することもあります。

 相手にとって、こちらの足がつっかえ棒になるように、
 膝をしっかり上げて、真っ直ぐ相手に足を繰り出しましょう。


3.重心を落とす

 体重差があったり、相手の突っ込む勢いが強いと、
 蹴り足ごと体を吹っ飛ばされることがあります。

 蹴りの際に重心を落として安定させるのは基本ですが、
 相手を迎撃する場合は、いつも以上に重心を落とすことを意識しましょう。


4.自分の後方に重心を乗せない

 ストッピングをする場合、自分の後方に重心が行ってしまうと、
 せっかく蹴りが決まっても、追撃のタイミングが遅れます。

 また回避された場合に、前に重心がかかっていれば、
 フォローの攻撃で相手の勢いを止められますが、
 後ろに重心がかかっていると、そのまま相手に畳み掛けられてしまいます。

 蹴った後のことも考えて、あまり後方に重心を乗せないようにしましょう。


5.腕で顔面をガードしておく

 ストッピングでよくある事故が、相手を止められたものの、
 勢いの残った手が顔面に当たってしまうケースです。

 そもそも、相手を止められないケースもあるので、
 万一に備えて、腕は顔面付近に置いてガードポジションを取っておきましょう。


6.蹴りばかりに拘らない

 蹴りで止めることに拘りすぎると、相手に察知されますし、
 ある程度近い間合いなら、パンチや掌底、諸手の方がストッピングとして効果的です。

 間合いによって武器を変えられるように、
 普段から様々パターンを試してみましょう。



ディフェンス的な蹴りは、直線的な軌道を描くので、
タイミングが合えば、廻し系の蹴りなども止められます。

力の無い方でも、有効な撃退手段なので、
胴を着けた相手に突っ込んでもらって、
蹴りで止める練習をしてみましょう。



スポンサーサイト

テーマ : 格闘技
ジャンル : スポーツ

厄介な蹴り技ローキックに対するディフェンスについて。

ローキックに対するディフェンスは、実はけっこう難易度が高いです。

具体的な理由としては、下記のとおりです。

 ・ モーションが小さくて、視界から外れがちな下段を狙ってくるので予兆しにくい
 ・ 引きが速いので、中途半端に受けると後続の2発目3発目がカッとんでくる。
 ・ 蹴られる場所が低いので、とっさに動かせる手を防御に使いにくい。

上記に加えて、普段から脛をきっちり鍛えている人のローキックは、
ディフェンスの方法によっては、非常に痛いです(涙)

とは言え、しっかり防ぐことが出来れば、反撃のチャンスも生じますし、
形を知っておけば、最悪、まともにクリーンヒットすることは防げますので、
防ぎ方は覚えておきましょう。


■ 早めにローキックに反応できた場合

 もしローキックを読めたら、思い切って踏み込んで
 パンチなどでカウンターを決めましょう。
 
 ローキック、特にダウン狙いの脛で蹴る場合は、
 リーチが短いので、パンチでも十分阻止できる間合いです。

 また、前に踏み込むことで、太腿の弱点(ポイント)もずれるので、
 多少当たっても、クリーンヒットの時のようなダメージは避けられます。

 参考動画:この動画では中段で止めていますが、顔面を狙うのもアリです。
 

 ただし、パンチ対策でディフェンスをしながら蹴ってくる人や、
 膝を真っ直ぐあげて、ロー・ミドル・ハイ・前蹴り・膝蹴りの軌道を読めなくしている方には
 逆に危険な場合もあるので、はじめは大きく振り回すタイプの方に合せて見ましょう。

 また、突っ込むことに意識が行き過ぎて、
 逆にパンチをもらわないよう注意してください。


■ 反応が遅れてしまった場合

 反応が遅れてしまった場合は、已むを得ないのでブロックします。

 ローの場合は、高さの関係で手でブロックすることが困難なので、
 膝や脛でブロックをしていくことになりますが…

 先に言っておくと、基本的に痛いです(涙)

 痛いですが、太腿にクリーンヒットすると、最悪動けなくなるので、
 多少痛い方が幾許かマシと思ってトレーニングしましょう。

 なお、きちんと受けられれば、相手の方が逆に足を痛めます。

 ローキックに対する膝・脛ブロックですが、
 特段難しいことは無く、蹴り足に向かって、膝を上げるだけです。

 蹴りの衝撃に対してバランスを維持する必要があるので、
 下記の4ポイントを意識してみましょう。

  ・アウト・イン問わず、蹴りに向かうように膝を上げる。
  ・膝を上げる際には、蹴るとき同様に重心をしっかり落とす。
  ・膝は90°くらいをキープしてあげるようにして、必要以上に曲げすぎない。
  ・足首はしっかり曲げて、脛の筋肉が盛り上げるようにする(筋肉がクッションになるため)
 
 参考動画:対アウトロー。ディフェンスの方法が非常に分かりやすく解説されています。
 
 
 参考動画:インローに対しても、基本的なブロックの仕方は変わりません。
 

 なお、せっかく痛い思いをしてブロックしても、
 脛を鍛えている相手だと、連続で畳み掛けてくるので、
 カウンターを素早く入れるようにしましょう。

 片足になってしまう関係上、どうしても反撃がワンテンポ遅れますが、
 前に詰めることで、ローキックを蹴られやすい位置から離脱できますので、
 普段のトレーニングでも、ブロック後に間合いを詰めてみてください。

 参考動画:ブロック後のアタックトレーニング
 


テーマ : 格闘技
ジャンル : スポーツ

牽制や攪乱に使う蹴り技。相手の不意を突くローキック(インロー:内腿へのローキック各論)

前回、インローについて使いどころなどを書きましたが、
今回は具体的に蹴る場合の解説をしていきます。


■ 蹴る場所

 インローにおいても狙っていく場所は、基本的に太腿部分になります。

 内腿は外腿よりも比較的柔らかく、急所である大腿動脈に衝撃が行きます。

 内腿を蹴る


 蹴る場合の角度ですが、相手の体が邪魔になる関係で、
 基本的には、斜め下真横の2パターンになります。

 素早く、見難い蹴りを重視するなら斜め下から。
 相手にダメージを与える威力を重視するなら真横から。


 斜め下から蹴る場合は、当たるまでの時間が非常に短いので、
 パンチとのコンビネーションに混ぜたりする布石・陽動に使えます。

 ただし、斜め下から蹴る場合は、これ一発で相手を行動不能にすることは難しいです。


 真横から蹴る場合は、前足で蹴ろうとすると技術が必要になりますが、
 脚を差し替えて蹴ったりすることで、綺麗に真横から蹴ることが可能です

 参考動画:こんなん喰らったら、脚が外側にひん曲がりますね…(汗)
 
 
 脚を差し替える瞬間に、軽く手でフェイクを混ぜるのも効果的です。

 アウトローキック同様、何れの場合も、太腿の表面をペチペチ蹴っても全く効果が無いので、
 インパクトの瞬間に力を入れて、太腿を両断すイメージで蹴るようにしましょう。


■ 当てる場所

 インローを当てる場合も、アウトローキックと同じく、
 足首~足の甲、または、脛のいずれかで蹴るのが一般的です。

 ローキック当てる場所

 足首~足の甲で蹴る場合、一般的には股間蹴り同様に、
 前足を素早く跳ね上げて素早く蹴るので、スピードは非常に早くなります。

 威力面では、太い太腿に対して蹴るので、脛に一歩劣りますが、
 それでも何回か蹴れば、十分ダメージを蓄積させることも可能です。

 ※ さらに、靴を履いている場合は、靴の重さと硬さが相まって、破壊力が伸びます。


 一方、で蹴る場合、
 位置関係的に、きちんと当てるのがやや難しくなりますが、
 当たれば相当な破壊力になります。

 当てる場合は、ややアウトサイドに出ながら蹴るなど、
 位置関係に十分注意する必要があるので、狙うなら十分練習しましょう。

 
 なお、中足で内腿を打ち抜く蹴り方もあり、
 特に靴を履いている場合には、威力も相当なものになりますが、
 点で蹴る分、外しやすいのでフォローは意識しておいた方が無難です。

 ※ 中足:足指の付け根付近にある肉厚部分です。
 中足


■ 注意点

 最後にインローキックを蹴る場合の注意点をまとめます。

 1.膝・脛を蹴らない

  ローキック全般に言えることですが、膝や脛に当たってしまったり、
  ディフェンスで受けられると、最悪の場合、自分の足が逆に折れます。

  特に、斜め下から蹴るインローの場合、腰が入りにくくて、足の返しも甘くなりがちですが、
  これが甘いと指と膝がぶつかり、折れることもあるので、きちんと甲~足首が当たるように
  腰と足を返して蹴る練習を重ねましょう。


 2.表面を蹴らない

  内腿は外腿に比べれば比較的柔らかいですが、
  それでも表面を蹴るだけではダメージになりません。

  ンパクトの瞬間に力を入れて、両断するようなイメージで蹴るようにしましょう。


インローキックは、慣れるまで蹴りにくいですが、
覚えると攻めの選択肢が増えるので、アウトローとセットで練習しましょう。

次回はローキックに対するディフェンスについて書きます。

テーマ : 格闘技
ジャンル : スポーツ

カテゴリ
プロフィール

蹴り技ポータル

Author:蹴り技ポータル
蹴り技情報を配信。

中の人は普通の三十路サラリーマンで、中国拳法と軍隊護身術メインに修行中。

ただし紹介する蹴り技は特に流派問わずです。

YouTubeにて蹴り技に挑戦中ですが…まだまだ未熟です。

YouTubeチャンネル

なお、当サイトの内容は、管理人の知識と経験に基づいたものであり、効果と安全性を保障するものではありません。
もし実践される場合は、各自自己責任で行って下さいませ。何卒ご了承下さい。

著作権フリーBGM配布サイト HURT RECORD 応援バナー

twitter
おススメサイト更新情報
お勧めリンク
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
266位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
格闘技
14位
アクセスランキングを見る>>
アクセス数
メッセージフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。