スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

前蹴りからの回し蹴りのコンビネーションをスムーズにつなげるポイント3つ。

以前、前蹴りからのパンチ系コンビネーションのポイントについて書きましたが、
今回は、回し蹴りに派生させる場合のポイントです。

使う場面としては、大まかに下記の3つですね。

 ① 前蹴りが当たって距離が離れたので、空いている側面に追撃する。
 ② 前蹴りを放ったら相手が真後ろに下がったので、追撃したい場合。
 ③ 前蹴りがそもそも届いていない(または、あえて届かせていない)ため、油断した相手への追撃。

何れの場合も、相手と距離が空いてしまった場合を想定しています。

逆に、サイドに逃げられたり、距離が空いていない場面では、
パンチ系に派生させるなり、前蹴りの引きの勢いを利用して逃げることも念頭に置きましょう。


さて、実は「蹴り→蹴り」のコンビネーションは、
パンチに比べるとどうしても挙動が大きいので、
テンポ遅くなりがちで、慣れるまではけっこう難しかったりします。

そこで、今回は基礎的なポイントを3つ書いてみました。


1.蹴った足が着地したと同時に次の蹴りを放つようにする。

 蹴りのコンビネーションは、威力の高い蹴り技を矢継ぎ早に蹴るため、
 パンチに比べてテンポは落ちるものの、相手に与えるプレッシャーは相当なものです。

 とはいえ、モーションがどうしても大きくなりがちなのも事実なので、
 蹴りと蹴りの間隔があまりに長いと、反撃されたり避けられたりします。

 蹴りと蹴りをスムーズに繋がられるよう、
 「蹴った足が着地したと同時に次の蹴りを放つ」ようにしてみましょう。

 前蹴り→廻し蹴りの場合は、前足の着地と同時に軸足を返して、
 着地と同時に腰を入れられるようにすると、非常にスムーズになります。

 手前味噌ですが、こんなイメージです。
 


2.一個一個の蹴りを丁寧に蹴る(焦らない)。

 「1」との両立が難しいですが、いくら繋ぎを速くすると言っても、
 バランスを崩して、威力の無い蹴りを放ってしまってはもったいないです。

 また、どうしても蹴りは片足立ちになってしまうので、
 蹴りの繋ぎばかりに意識が行ってしまうと、
 だんだん上半身が置いてきぼりになって仰け反ってきたり、
 蹴った後のバランスが崩れて、かえって繋ぎの速度も遅くなります。

 個々の蹴りが十分に威力を発揮してこそ、
 蹴りのコンビネーションは脅威になりえるので、
 焦らず、丁寧に個々の蹴りを蹴りましょう。

 前蹴り→回し蹴りの場合は、
 回し蹴りに十分腰が入っているか、
 軸足が安定しているかがポイントになります。

 最初は、このテンポで十分です。
 


3.全体的に重心を落とす。

 蹴りのコンビネーションをしていると、
 徐々に重心が浮き上がってきてしまいます。

 こうなると、バランスを崩してしまって、
 威力も速度も落ちてくるので、全体的に沈み込むようなイメージで、
 重心を落として安定させつつ、コンビネーションを練習すると良い感じです。
 
 手前味噌ですが、最初はあえてスローモーションで練習するのもアリです。
 


基礎的なポイントは以上です。

慣れてきたら、コンビネーションを続けることばかりではなく、
相手との間合いによっては、回し蹴りを放たずに、
中断して仕切りなおすなど、間合いの見極めも意識してみましょう。

スポンサーサイト

テーマ : 格闘技
ジャンル : スポーツ

極真空手を検討されている方におススメのWebサイト「40代からの空手道 ~極真空手の巻」

ひょんなことから、素晴らしいサイトを発見しましたので、今回はそのご紹介です。

40代からの空手道 ~極真空手編~

表題通り、「中高年からの武道入門ガイド」として、
中年(30~50代)からフルコンタクト(極真)空手を始める男女を応援されている方のサイトです。

管理人の方によれば、もともとメタボ体型だったところを、
40歳になってから-16kgのダイエットに成功し、そこから極真空手に入門されたとのこと…

こうしたプロフィールから、ブログやコンテンツの内容が極めて実践的!

細かくて詳細な解説、見やすい文章配置、的確な図など、
ホスピタリティ溢れたサイト構成には感動すら覚えます。

もはや極真空手が管理人様にとっての「道」になっているのだなぁ…と感じました。


体のメンテナンスやダイエットなどの体つくりについても非常に詳しいので、
改質改善や健康増進に興味のある方は、是非、覗いていただければと思います。

私も見習わねば…

テーマ : 格闘技
ジャンル : スポーツ

記事の数が増えてきたのでカテゴリを分けました。

2か月前から毎日記事を更新してきて、これで62記事目となりました。

お陰様で記事の数も増えてきたので、カテゴリーを整理しなおしてみました。

分類は完全に主観になっていますが、暫定で以下のように分けています。


1.蹴り技考察
 … 蹴り技全般のコツや性質について広く紹介するカテゴリです。

2.蹴り技(基本)
 … ベーシックな蹴り技の解説です。

3.蹴り技(応用)
 … 基本から発展した応用的な蹴り技の解説です。

4.蹴りディフェンス
 … 蹴り技に対するディフェンス方法について解説します。

5.コンビネーション
 … 蹴り技を絡めたコンビネーションについて解説します。

6.筋トレ・健康関係
 … 蹴り技練習のベースになる体のメンテナンスについて書いています。

7.その他
 … 蹴り技以外のネタや、このブログについて書いています。

8.エンタメ感想
 … 蹴り技系のアクション映画やゲームについて書いています。


今後またカテゴリは追加・変更していくと思いますが、まずはこんな感じにしようと思います。


テーマ : 格闘技
ジャンル : スポーツ

カテゴリ
プロフィール

蹴り技ポータル

Author:蹴り技ポータル
蹴り技情報を配信。

中の人は普通の三十路サラリーマンで、中国拳法と軍隊護身術メインに修行中。

ただし紹介する蹴り技は特に流派問わずです。

YouTubeにて蹴り技に挑戦中ですが…まだまだ未熟です。

YouTubeチャンネル

なお、当サイトの内容は、管理人の知識と経験に基づいたものであり、効果と安全性を保障するものではありません。
もし実践される場合は、各自自己責任で行って下さいませ。何卒ご了承下さい。

著作権フリーBGM配布サイト HURT RECORD 応援バナー

twitter
おススメサイト更新情報
お勧めリンク
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
318位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
格闘技
18位
アクセスランキングを見る>>
アクセス数
メッセージフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。