スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

理想的なサイドキック!確かな基礎がある派手な蹴り技アクションの使い手「スコット・アドキンス」

最近、スコット・アドキンスにハマっていて、
ちょっとづつ映画を見始めています。

Winkipediaによると…
"10歳の頃から柔道の道場に通い始め、これをベースにキックボクシングなども学ぶ。他にクラヴ・マガ、MMA、体操、中国拳法などの心得もある。"

と、かなり実戦的な格闘技を修行してきた方なので、
アクションシーンでは、「本当に痛そうな蹴り」を華麗に繰り出します。

最近見た「NINJA」でも、随所で派手なアクションを繰り広げていますが、
さりげなく繰り出される基本的なサイドキックにおいても、

1.きちんと相手を目視確認する
   ↓
2.向かってくる相手に押し負けないよう寄せ足をして間合いを調整&勢いをつける
   ↓
3.膝から蹴り足を上げる
   ↓
4.かかとで蹴り込みつつ、引き足をしてダメージを最大にする
   ↓
5.蹴りの反動で距離を取って残心

と、抑えるべきポイントをすべて抑えた理想的フォームで蹴っており、
派手なアクションを支える底力の確かさを感じさせられまね。




ちなみに、何度かご紹介したことのある彼のサイドキック。

アドバンス(踏み込みあり)だと、車が衝突したかのようなプッシュ力を秘めています。

滑らかなスライド踏み込みからのサイドキックで、思わず見惚れますが破壊力がヤバいです。

う、美しい…ハッ!


彼の派手なアクロバットアクションも大好きですが、
やっぱり基礎的な蹴りの理想フォームを随所で魅せてくれるのがイイですね!

純粋に楽しむも良し、教材にするも良し

スコット・アドキンスの映画はお手本としておススメです。


スポンサーサイト

テーマ : 格闘技
ジャンル : スポーツ

あの蹴り技シーンをシェアしたい!YouTubeやニコニコ動画で任意の再生開始時間を指定して共有する方法。

蹴り技系の動画を集めていると、

このシーン凄くイイ!だけど開始時間が遅めだから毎回そこまで待つのも大変なんだよな…

こんな悩みを感じたことが何回かあります。


そこで、いろいろ調べてみましたが、どうやらYouTubeとニコニコ動画の場合、
URLの末尾に下記のコードを付けることで、任意の個所から再生ができるようです。

1.YouTube
URLの末尾に「&t=●m△s」(●=分数、△=秒数)
※ 広告は飛ばせません。
共有コードの場合は「?t=●m△s

例)三十路サラリーマンの蹴り技動画
通常再生   :http://www.youtube.com/watch?v=DZ8zNmcsJ5w
時間指定再生:http://www.youtube.com/watch?v=DZ8zNmcsJ5w&t=0m51s
共有の場合  :http://youtu.be/DZ8zNmcsJ5w?t=0m51s

さらに、YouTubeの場合、ブログなどに埋め込む際に、下記の方法で再生時間の指定が可能です。

YouTubeの埋め込みコードの中に動画を表す文字列の後に「?start=秒数」を追加する。

テキスト例(三十路サラリーマンの蹴り技動画)※テキスト表記のため<>を全角にしています。
<iframe width="560" height="315" src="//www.youtube.com/embed/RSBIjFDH1ws?start=75" frameborder="0" allowfullscreen></iframe>

これを実際に使うと、下記のようになります。

例)三十路サラリーマンの蹴り技動画(通常再生)


開始時間を指定して再生


2.ニコニコ
URLの末尾に「?=from○」(○=秒数 2分から始めたいなら「120」と入力する)
※ ニコニコの場合、あまりに指定時間が長いと読み込みに時間が掛かる模様…

例)八卦掌 vs 太極拳(たぶん)
通常再生   :http://www.nicovideo.jp/watch/sm820053
時間指定再生:http://www.nicovideo.jp/watch/sm820053?from=50



動画をよく閲覧したり、共有したりする方は是非お試しください。


テーマ : 格闘技
ジャンル : スポーツ

当たったときによろけていませんか。バランスの崩れにくい蹴り技ポイント。

蹴り技が相手に当たったのに、逆にこちらがよろけてしまったことはありませんか?


こ、こんなハズでは~!?
プレゼンテーション1-crop

その蹴りが、相手の体勢を崩して、
しっかりダメージになる有効打であれば、まだ良いのですが…

「当たったけど、あんまり効いていない」

「ガードされてしまった」


こんなケースだと、すかさず反撃されます
何度痛い目にあったことか… (´;ω;`)ウッ…


そこで、もし蹴りが当たっても、
極力よろけないように練習をする必要がありますので、
以下では、そのポイントを書いていきます。


1.軸足に対する重心の掛け方を意識する

まず基本的なポイントは、前回の記事でも書いたとおり、
「軸足に対する重心の掛け方」がきちんとできていることが前提になります。

これができていないと、次のポイントはあまり有効になりません。

詳細は、前回の記事をご参照ください。


2.インパクトの瞬間に丹田以下に力を入れる

上記1を前提に、今度は「インパクトの瞬間」に「丹田以下に力を入れる」ことが、
当たってもよろけにくい蹴り技を覚えるポイントになります。

丹田:おへそ直下の辺りです(下図参照)。
丹田-crop

2(1)インパクトの瞬間にだけ力む理由

まず、「インパクトの瞬間にだけ」力む理由は、
常時、力んでしまうと、体全体が固まってしまうので、
蹴りが当たったときに反動が全身に伝わってよろけ易くなるためです。

加えて、力んだ状態での蹴り技は、
スピードも出にくく、当たってもダメージが伝わりにくいです。

逆に、インパクトの瞬間だけに力を入れれば、
反動が全身に伝わりにくい
ので、よろけにくくなりますし、
逆に反動を利用して、バックステップやサイドステップなどに派生できるメリットもあります。


2(2)丹田以下に力を入れる理由

インパクトの瞬間に力むと言っても、
肩などの上半身が力んでしまうのはNGです。

片足になっているところで、上半身を力んでしまうと、
重心が上方に行ってしまうため、非常によろけ易くなります。

片足立ちで重い荷物を背負うとフラフラするのと同じですね。

そこで、「丹田以下」特に下半身を一瞬固めることで、
重心を下方部に行かせて、よろけにくくする必要があります。

固めると言っても、ただ力むのではなくて、
丹田を中心に、重心を沈めるような感じで蹴ると、
重心がうまい具合に安定します。


片足立ちだけど、重心は下方部に…!
重心イメージ

加えて、これができると副産物として、
蹴りに対するカウンターが腹部以下に来ても、
ある程度ダメージを軽減できます。

なお当然ですが、蹴り足の先端など、
蹴りが当たる部分もインパクトの瞬間に一瞬力を入れましょう。

さもないと、威力が伝わりにくくなりますし、
足も怪我しやすくなってしまうので。


上記のポイントを意識すると、
蹴りが当たっても、よろけにくくなってきます。

もちろん、体格差があったり、相手が蹴りを上手く受け流してきたり、
または、ワザと前進してきて、インパクトのポイントをずらされるなど、
どうしたってよろける場面はありますが、それでも、被害を最小限に抑えられるようになります。

シャドウで蹴る以外にも、普段からミット蹴りなどで、
上記のポイントを意識して、蹴りの当て勘を覚えましょう。



テーマ : 格闘技
ジャンル : スポーツ

カテゴリ
プロフィール

蹴り技ポータル

Author:蹴り技ポータル
蹴り技情報を配信。

中の人は普通の三十路サラリーマンで、中国拳法と軍隊護身術メインに修行中。

ただし紹介する蹴り技は特に流派問わずです。

YouTubeにて蹴り技に挑戦中ですが…まだまだ未熟です。

YouTubeチャンネル

なお、当サイトの内容は、管理人の知識と経験に基づいたものであり、効果と安全性を保障するものではありません。
もし実践される場合は、各自自己責任で行って下さいませ。何卒ご了承下さい。

著作権フリーBGM配布サイト HURT RECORD 応援バナー

twitter
おススメサイト更新情報
お勧めリンク
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
348位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
格闘技
16位
アクセスランキングを見る>>
アクセス数
メッセージフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。