スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カッコよくて使える蹴り技「ブラジリアンキック」。上からたたき落とせ!

今回のお題は「ブラジリアンキック」。

まずはこちらをご覧ください…


相手のガードを避けて、蹴りがクリーンヒットした様子が分かります。

腰と軸足の使い方に工夫が必要なので、やや難易度は高いですが、
コンビネーションや立ち回りに混ぜると、武器の一つとして活用できます。

と、言うわけで今回は「ブラジリアンキック」考察です。

1.そもそもブラジリアンキックとは?

 ブラジリアンキックとは、普通の前蹴りなどから、股関節を内旋させることで
 軌道を変えて、蹴り足を振り下ろす蹴り技です。

 前蹴りやハイキックなどの軌道が、いきなり変わるので、
 反応の良い方がガード箇所を誤認して喰らうことが非常に多いです。

 狙いは側頭部や頭頂部など。

 軌道が変わるトリッキーな蹴りですが、腰も軸足も十分に変わるので威力も相当にあります。

 上手い人が放つと、前蹴りの起動から、ブラジリアンキック、小廻し蹴り、足刀蹴り、掛け蹴りなど
 格闘ゲームばりのN拓を迫ってくるので、後手に回るとペースを乱されまくりますね(汗)


2.ブラジリアンキックを使う場面って?

 軌道が急激に変化するため、奇襲で使う場面が多いです。

 掛け蹴り等と異なり、膝を前に突き出す普通の前蹴りモーションがいきなり変化するので、
 普通の立ち回りのなかで、わざと前蹴りと誤認させて強襲します。

 ただし、普通の蹴り以上に軌道が複雑で、当たるまで若干時間が掛かるので、
 蹴りを見てから前に出るタイプの相手だと、先にパンチをもらうことも…
 
 また、距離が離れていると見切られるので、
 実はけっこう使いどころが難しい技でもあります。

 個人的な経験では、普通の蹴りで距離を調整して、相手が委縮して固まった状況などが効果的ですね~

 見誤って強烈な反撃を喰らったこともかなりありますが(自業自得)

 

3.ブラジリアンキックを覚えるコツって?

 まず前提として、基本の膝をあげる前蹴りを上達させましょう。

 基本が固まることで、軌道変化の変則技も活きてきますので。

 以下では、普通の前蹴りが出来ている前提でポイントを列挙します。 


(1)膝を上げたら軸足と腰を思いっきり返す
 
 ブラジリアンキックの軌道変化は、腰と軸足を返して可動域を変化させることにポイントがあります。
 
 なので、軌道を変える直前に、しっかり軸足と腰を返しましょう。


(2)重心を落とす
 
 これは蹴り技全般に言えることですが、ブラジリアンキックは軌道変化の性質上、バランスを崩しがちです。

 慣れないうちは、壁に手を着いて、しっかり軸足の膝を曲げて練習しましょう。


(3)蹴った後のフォローを忘れない

 ブラジリアンキックは軌道変化が激しいため、ついつい蹴ったら蹴りっぱなしになることが多いです。

 しかし、万一防がれたり避けられると、その隙を思いっきり突かれます。

 何回痛い目にあったことか(涙)

 ステップやコンビネーションでのフォローを忘れないようにしましょう。


決まると意識外からヒットするので、強烈なダメージになるブラジリアンキック。

実戦で決めるには難しい技ですが、武器の一つになりますので、
蹴り技好きとしては、押さえておきたい一品ですね。

なお、丁寧なブラジリアンキック解説動画はこちら。
ポイントを網羅しており、非常に分かりやすいです。






スポンサーサイト

テーマ : 格闘技
ジャンル : スポーツ

変則的な蹴り技「掛け蹴り」。相手の死角から強襲!

今回のお題は「掛け蹴り(裏廻し蹴り、フックキックとも呼ぶようです)」。

まずはこちらをご覧ください…



は、早いっすね…(汗)

アクション映画などでも、蹴り技コンボの中継や、
回転と組み合わせて派手に蹴るシーンがありますが、
きちんと練習すれば、実戦でも活用できる蹴りだったりします。

と、言うわけで今回は「掛け蹴り」考察です。

1.そもそも掛け蹴りとは?

 掛け蹴りとは、変則的な廻し蹴りの一種で、
 本来であれば外側から内側に向けて蹴る廻し蹴りを、
 内側から外側に振り抜くように蹴るトリッキーな技です。

 狙いは側頭部や顎、鼻先など。
 基本的には、足の裏面で引っ搔くように蹴り抜きます(足の側面や、踵で蹴るスタイルもあります)。

 上手い人が放つと、足がいきなり反対方向から飛んでくるので、
 免疫がないと意表を突かれてアッサリ喰らってしまいます。

 不意を突かれることもあって、なかなかに痛ったいですよ~(笑)


2.掛け蹴りを使う場面って?

 独特の軌道上、奇襲で使う場面が多いです。

 人間の体の構造上、攻撃は真っ直ぐか外側から飛んで来るのがセオリーなのですが、
 掛け蹴りはそのセオリーを破ってくるので、普通の立ち回りでいきなり出させると厳しいです。

 特に、膝をたたみ上げて蹴りを出すという基本を習得している方が掛け蹴りを放つと、
 初動のモーションが小さくなるので、ただでさえ読みにくい掛け蹴りがさらに読みにくくなります。

 このように、意表をついて急所を狙えるのが掛け蹴りの特徴ですが、
 反面で、腰の使い方が難しく、普通の蹴りより威力は下がりがちです。例外はいますけれど…


3.掛け蹴りを覚えるコツって?

 掛け蹴りは精度が上がれば上がるほど、鋭くて見栄えも良くなり、
 何より、奇襲効果が大きく高まりますが、精度が低いとバレて、反撃されます。

 練習には、様々なポイントがありますが、下記を意識してみると、精度を上げることができますね。


(1)足先で蹴ろうとしない
 
 掛け蹴りは軌道が特殊なので、慣れないうちは、どうしても足先で弧を描こうとしがちです。

 しかし、これをやってしまうとどうしても起動が大回りになるうえ、
 足の力だけで蹴る羽目になるので、スピードも威力も落ちてしまいます。
 
 そこで、セオリー通り、掛け蹴りにおいても、膝をしっかりたたんで地面を蹴った勢いを乗せられるようにしましょう。


(2)重心を落とす
 
 蹴り技全般に言えることですが、掛け蹴りは特に状態が傾きがちになるので、重心が高いと蹴った瞬間にバランスを崩してしまいます。

 これも慣れないうちは、壁に手を着いて、しっかり軸足の膝を曲げて練習しましょう。

 

奇襲に使える掛け蹴り。

覚えるとコンビネーションや立ち回りの幅が広がりますので、

これも蹴り技好きとしては、押さえておきたい一品ですね。




テーマ : 格闘技
ジャンル : スポーツ

カッコいい蹴り技の代名詞「段蹴り」。片足で蹴りまくれ!

蹴り技ポータルブログ、初のお題は片足で何発も蹴る技法「段蹴り」です。

まずはこれを見てください…




片足で何発蹴っているんだ!?  ポーン( Д ) ゚ ゚


しかも、直線的な蹴りだけじゃなくて、
踵落としやら、廻し蹴りやら、変則的な蹴りも混ぜているし…

これ出来たらカッコいいだろうなぁ…

そんなわけで、段蹴りについて考察を書いてみました。


1.そもそも段蹴りとは?

 段蹴りとは、片方の足で複数回連続で蹴る技法です。

  ※ 格闘技によって呼称は異なります。

 二段蹴りなら2回、三段蹴りなら3回…と言った具合ですが、一般的に回数が増えると、その分難易度が高くなります。


2.段蹴りを使う場面って?

 アクション映画で使います(笑)

 それは冗談として、リーチのある攻撃を間断なく繰り出せるのが段蹴りのメリットですが、
 反面、長時間片足なのでバランスを崩しやすいという欠点があります。

 そんな特性から、主に実戦だと下記の用途で使うことが多いです。

 ① 【急所への強襲】金的⇒三ケ月(顎の急所)など、軽く当たってもダメージになる個所を連続で攻撃します。リーチがあり起動も読みにくいので、上手い人がやると、槍の連攻みたいになります。

 ② 【本命への陽動】素早い蹴りで意識を足に向けさせておいて、反対の足や突きなど本命攻撃を叩き込みます。中の人も何度か煮え湯を飲まされたことが…(涙)


3.段蹴り覚えるコツって?

 単発の蹴り技をある程度修得していることが前提ですが、
 そのうえで、主に下記2点を意識すると、けっこう上手くなります。


(1)「引き足」を意識する。
 
 段蹴りが間断なく連続で蹴れるのは、蹴った瞬間の引き足で、次発の勢いを得ているからです。

 ※「引き足」とは、インパクトの瞬間に力を入れることで鞭のように足を引き戻す技術です。

 引き足ができないと、蹴った足を自分の力で無理矢理戻さないといけないので、段蹴りの難易度が一気に跳ね上がりますし、腰を十分入れられないので威力も大幅に下がります。

 引き足を上手くするコツは、ズバリ「脱力」と「インパクトの瞬間のみ力を入れる」こと。

 慣れないうちは、低い位置から試してみて、自然と脚が戻ってくる感覚を掴みましょう。


(2)重心を落とす
 
 引き足が出来ても、重心が高いと蹴った瞬間にバランスを崩して段蹴りは失敗します。

 意外と単発だと基本に則って重心を落として蹴ることが出来る方でも、長時間片足になる段蹴りだと、バランスを取ろうとしてケンケンしてしまい、結果として重心を高くしてしまいがちです。

 慣れないうちは、壁に手を着いて、しっかり軸足の膝を曲げて練習しましょう。

 踵落としや廻し蹴りなどを混ぜる場合も、重心がかなり振り回されるので、まずは、壁から練習すると良い感じです。


アクションでも実戦でも有用性のある段蹴り。

蹴り技好きとしては、押さえておきたい一品ですね。





テーマ : 格闘技
ジャンル : スポーツ

カテゴリ
プロフィール

蹴り技ポータル

Author:蹴り技ポータル
蹴り技情報を配信。

中の人は普通の三十路サラリーマンで、中国拳法と軍隊護身術メインに修行中。

ただし紹介する蹴り技は特に流派問わずです。

YouTubeにて蹴り技に挑戦中ですが…まだまだ未熟です。

YouTubeチャンネル

なお、当サイトの内容は、管理人の知識と経験に基づいたものであり、効果と安全性を保障するものではありません。
もし実践される場合は、各自自己責任で行って下さいませ。何卒ご了承下さい。

著作権フリーBGM配布サイト HURT RECORD 応援バナー

twitter
おススメサイト更新情報
お勧めリンク
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
348位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
格闘技
16位
アクセスランキングを見る>>
アクセス数
メッセージフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。