スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

足をキャッチされてしまった場合の攻防

蹴り技を実戦導入すると、どんなに引きが速い場合でも、
攻撃を読まれてキャッチされることがあります。

よくありがちなのが、中段を狙った際に、
蹴りをわざと体に当てさせて、一瞬止まったところを、
腕で抱え込むようにキャッチされるパターンです。

ごく稀に、上段や下段でも腕でクッションを作って受け止めつつ、
絡め取るようにキャッチするバケモノもいますが…

それはさておき、足をキャッチされてしまうと、
股間ががら空きになるうえ、こちらのアクションも
制限されるので、かなり危険な状態に陥ります。

この場合、成功率は保証できませんが、
下記のような方法でキャッチを脱出することが出来ます。


1.腰をさらにねじ込んで足を押し付ける。

 足をキャッチされた場合、慌てて引き抜こうとすると、
 相手もさせじと抵抗してくるので、ほとんどの場合引き抜けません。

 また、相手は両足でガッチリ安定しているのに対して、
 こちらはあくまで片足状態なので、闇雲に引き抜こうとして
 暴れるのはかなり危険です。

 むしろ、逆に蹴り足をさらに相手に押し込んで、
 相手の虚を突いて突き飛ばせるので、キャッチを
 一瞬緩めることができます。

 例えば、前蹴りをキャッチされた場合は、
 さらに腰をねじ込んで、サイドキックの
 イメージで相手を押し込んでいきます。

 やや難しいですが、廻し蹴りの場合は、
 前方に体重を預けながら脚を折り畳みつつ、
 膝ごとぶつかっていくイメージで押し込みます。

 完全に腰を返してしまったサイドキックの場合は、
 かなり難しいですが、前に体ごと押し込みます。

 キャッチをしたことで気を抜くような相手であれば、
 逆に緩んだ体に攻撃を押し込めるので、諦めずに押し付けてください。


2.自分から反対側に倒れ込んで受け身を取る 

 足を引き抜いて、安定した状態に戻ろうと頑張ると、
 逆に相手の抵抗を招いてしまうのは前述したとおりです。

 そこで、発想を変えて自分から倒れ込むようにして、
 相手から離れるように前受身を取ると、体全体の重量で
 足を引っ張れるので、キャッチを外して逃げられる場合があります。

 上手く行けば、相手と距離を取って仕切りなおしたり、
 転がった勢いで逃げることもでき得るので、逃げと言う
 意味では、なかなか有効な場合があります。

 ただし、この方法は受け身の後に素早く立ち上がれる技量が無いと、
 今度は倒れたところを狙われるので、さらに危険な状態に陥るリスクがあります。

 また、相手に動作を読まれると、転がる前に相手がキャッチした
 足を放り投げるように押し込んでくるので、最悪、とんでもない勢いで
 投げ飛ばされる状態になってしまいます。

 冷静に相手の状況と、自分の受け身の技量を考えて実行しましょう。


3.軸足で飛び上がって蹴り飛ばす

 アクション映画でよくあるシーンですが、
 軸足でジャンプして、そのまま飛び蹴りをぶちかます脱出方法です。

 上手く行けば、油断した相手に蹴りがクリーンヒットしますが、
 不安定な状況において軸足で飛び上がのだけでも、相当の技量を求められます。

 ましてそこから蹴るとなると、ある程度練習した人でないと難しいです。

 くわえて、相手がキャッチ後に引いたり押したりするタイプだと、
 飛び上がった瞬間に体勢を崩すこともあるので危険です。

 決まれば反撃になるうえ、見栄え的にはかなりカッコいいですが、
 リスクの大きい行動なので、自身が無い限り、ぶっつけ本番で挑戦するのはお勧めしません。



他にも様々な方法がありますが、基本的には上記のようなパターンが一般的です。

いずれの方法も、「既に不利な状況にある」ことが前提なので、
確実に状況を打破できる保証はないですが、知っておくことで、
なし崩し的にやられてしまう事態は避け得るので、たまに練習してみることをお勧めします。 


スポンサーサイト

テーマ : 格闘技
ジャンル : スポーツ

指を折らないためのニーブロック。

ローキックに対するディフェンスとして、
膝受け(ニーブロック)を使う方も多いかと思います。

基本的には、蹴りに対してとっさに膝を上げる動きになりますが、
受け方を注意しないと、却って大怪我を招くこともあるので、
今回は一点、留意事項をご紹介します。

「裸足で受ける場合、足首は伸ばす」

ニーブロックを行う場合、基本的には
蹴ってきた方向に足を向けることになりますが
このとき足首が曲がっていると、指と蹴りが接触することがあります。

靴を履いていれば、この接触事故は防げますし、
脛に肉が寄るので防御効果は高くなるのですが、
裸足だと少々危険です。

なので、競技格闘技で裸足になる場合は、
脛を鍛えつつ、受けるときは足首を伸ばすようにしましょう。

指が折れてしまっては、戦闘続行も逃亡も困難になりますので。



テーマ : 格闘技
ジャンル : スポーツ

ニーブロックをする場合に注意したいポイント。

相手の蹴り技に対しては、片足で不安定な相手に、
前に詰めるイメージでカウンターを叩き込むことが理想です。

とは言え、反応が遅れてしまったり、
相手の蹴りが予想以上に早い場合は、
ブロックによる防御をせざるを得ないケースもあります。

ローキックや低めの蹴りに対してのブロックは、
基本的には蹴りに対して脛を向けつつ、
足首を活かして膝を上げるニーブロックが有効になります。

 ※ ニーブロックの詳細については過去記事をご参照ください。
 膝受け注意


しかし、このニーブロックをする場合に注意したいことは、
「ミドルやハイ、パンチへの警戒を怠らない」ことです。


特に練習時にやりがちですが、ニーディフェンスに意識が行くあまり、
つい顔面や腹部ががら空きになったり、足ばかり見てパンチへの
警戒が全くなくなるケースが多々見受けられます。

しかし…

蹴り技の巧い方だと、蹴りが出るまでロー・ミドル・ハイ、
どこに蹴りが飛んでくるか見切れない蹴り方をしてきます。

蹴り技に慣れていない方も、蹴り方の癖によっては、
膝が十分に上がらないままハイを蹴ろうとしてくるので、
意外と見切りを誤ってしまうケースもあります。

そもそも、有効なローの間合いなら、
より速いパンチがカッとんでくるかもしれません。

つまり、ニーディフェンスを行う場合、
ローキックだけ警戒すると非常に危険と言うことです。


そこで、ニーディフェンスを練習する場合、
ニーディフェンスそのものに加えて、下記2点を意識してみると、
万一見誤ったときでも、クリーンヒットを回避できる確率が上がります。

1.ニーブロック側の手の肘を膝にくっつけるようにして、壁をつくる。
 万一ハイやミドルが飛んできても、腕と足で壁を作って頭から腹部を隠すようにブロックします。
 膝と肘に隙間があると、ミドルへの小廻し蹴りを防げないのでご注意ください。

2.視線を相手の足に向けない 
 練習中に攻撃武器である足を注視しないようにしましょう。
 これをやってしまうとパンチを防げる確率が激減しますし、
 視野が狭くなるので、軌道変化形の蹴り技にも対処しにくくなります。

ローキックを多用してくる相手は、ローで沈めてこようとするケースもありますが、
意識をわざと下段に向けさせておいて、本命のハイやパンチを決めようと布石を打ってくるケースもあります。

相手の思惑に乗らないように、練習中も一か所に集中する癖はつけないようにしましょう。


テーマ : 格闘技
ジャンル : スポーツ

カテゴリ
プロフィール

蹴り技ポータル

Author:蹴り技ポータル
蹴り技情報を配信。

中の人は普通の三十路サラリーマンで、中国拳法と軍隊護身術メインに修行中。

ただし紹介する蹴り技は特に流派問わずです。

YouTubeにて蹴り技に挑戦中ですが…まだまだ未熟です。

YouTubeチャンネル

なお、当サイトの内容は、管理人の知識と経験に基づいたものであり、効果と安全性を保障するものではありません。
もし実践される場合は、各自自己責任で行って下さいませ。何卒ご了承下さい。

著作権フリーBGM配布サイト HURT RECORD 応援バナー

twitter
おススメサイト更新情報
お勧めリンク
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
266位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
格闘技
14位
アクセスランキングを見る>>
アクセス数
メッセージフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。