スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

死角からのカウンター「ニーストッピング」

下段系の蹴り技は相手からすると視覚外であり、
しかもモーションが比較的小さいので、非常に厄介な蹴り技です。

その厄介な下段系の蹴り技のなかでも、
相手に対するカウンターとして機能しやすいのが、
踏み付け系の下段蹴りです。



動画のように、ローキックと違い腰が返らないので、
相手から見ると上半身の挙動が小さくて非常に見切りにくいです。

とはいえ単発で出すにはリーチが不安ですが、
パンチに対するカウンターとして出すと、
場合によっては相手の膝を破壊できてしまいます。

蹴りの速度が速ければ、腰を返したサイドキックでもいいのですが、
パンチの突進の方が速くて詰まってしまうことが多いので、
カウンターとして、しれっと合せるなら踏み付け系の方がおススメです。

ただし、膝と股関節が柔らかくないと
スムーズに蹴れないので、そこは練習しましょう。

蹴りの性質上、相手の勢いを利用して
自爆させるタイプの蹴りなので、
思い切りけり込む必要はありません。

むしろ力むと上手く蹴れないので、
相手の突進に添えるように足を出しましょう。


スポンサーサイト

テーマ : 格闘技
ジャンル : スポーツ

踏み付けを行う場合に意識しておきたいこと。

護身の場面において、何らかの理由により相手を倒した場合、
相手の追撃や起き上がりを防ぐために急所などを踏み付けることがあります。

しかし、意外とこの踏み付けは難しく、
思い切り踏んでもさほどダメージにならなかったり、
逆にこちらが勢い余って体勢を崩すこともあります。

これは、追撃の場面になると、ついつい興奮して
余計な力が入ってしまうことが原因です。

そこで、踏み付けを決める場合は、
膝を上げたら、相手に乗って体重を
預けるイメージで脱力しましょう。

これは、相手がいれば実験してみるとわかりますが、
腹筋を力んで踏んでしまう場合と、脱力して足裏で
圧し掛かられた場合では、脱力している方がプレッシャーが強いです。

踏み付け腹筋
実験ついでに腹筋も鍛えましょう。
乗る場合は絶対に肋骨に乗らないように!

普段なかなか出番のない踏みつけですが、
しかるべき場面が来ると、とっさに出てしまうので、
不利な状況を招かないように練習しておきましょう。


テーマ : 格闘技
ジャンル : スポーツ

相手の機動力を削ぐストッピング。膝を狙った蹴り技「踏み蹴り」

攻撃を仕掛ける場合、距離が多少離れていれば、
踏み込んで攻撃をする必要があります。

攻撃のために踏み込む瞬間は、どうしても攻撃に意識が行くので、
各種カウンターの狙い目になりますが、今回は膝を狙った「踏み蹴り」を紹介します。


■ メリット・デメリット

「踏み蹴り」とは、後方の足で、相手の前足膝を踏むように蹴る技です。

メリットは、下段の蹴りであり、かつ、上体をさほど捻じらずに蹴るので、
相手に悟られにくく、突っ込む勢いが強ければ強いほど、膝へのダメージを与えられます。

 参考動画:サバットの踏み蹴り。突っ込んだ相手がつんのめっています。
 

 参考動画:コンビネーションに混ぜる使い方も有効です。
 

欠点(デメリット)は、蹴る際に、つま先を外に向けて蹴るため、
股関節の柔軟性がある必要になることと、リーチが短いことですね。

そのため、股関節の柔軟性に
自信が無い場合は、無理に狙わない方が安全です。


■ 蹴り方・狙う場所

1.蹴り方

 通常のローキックなどとは異なり、つま先を外側に向けて膝を踏むように蹴ります。

 真っ直ぐつま先を立てて蹴る方法も無くは無いのですが、
 膝の構造上、正面から見ると細長いため、相手の動作によっては外すリスクがあります。

 必ず、横に倒して蹴るようにしましょう。


2.狙う場所

 画像のように、膝の皿部分より少し上の方を狙います。
 膝の絵

 膝の皿を直接狙ってしまうと、堅い骨に弾かれるので、
 あまり効果が無いばかりか、タイミングが悪いと、
 反動で吹っ飛ばされる恐れもあります。

 正確に蹴れるように練習しましょう。


踏み蹴りは、きちんと蹴れれば嫌らしいカウンターとして活用できます。

ただし、思い切り蹴ってしまうと、相手に怪我をさせてしまうので、
練習中は踏み抜いたりしないよう、十分に注意しましょう。

特に靴を履いている場合は用心してください。


テーマ : 格闘技
ジャンル : スポーツ

カテゴリ
プロフィール

蹴り技ポータル

Author:蹴り技ポータル
蹴り技情報を配信。

中の人は普通の三十路サラリーマンで、中国拳法と軍隊護身術メインに修行中。

ただし紹介する蹴り技は特に流派問わずです。

YouTubeにて蹴り技に挑戦中ですが…まだまだ未熟です。

YouTubeチャンネル

なお、当サイトの内容は、管理人の知識と経験に基づいたものであり、効果と安全性を保障するものではありません。
もし実践される場合は、各自自己責任で行って下さいませ。何卒ご了承下さい。

著作権フリーBGM配布サイト HURT RECORD 応援バナー

twitter
おススメサイト更新情報
お勧めリンク
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
348位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
格闘技
16位
アクセスランキングを見る>>
アクセス数
メッセージフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。