スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サイドキックが極まると…

人がぶっ飛びます。

サイドキックは、基本的に足裏全体で、
腰を捻り、体全体をぶつけるように相手を
蹴り飛ばす技です。

見た目は地味ですが、プッシュ力が極めて強く、
胸元にクリーンヒットすると、相手は重心を崩して
吹っ飛んでいきます。

蹴り方自体はそこまで難しいものではないですが、
どうせ参考にするなら、一流のサイドキッカーである、
このお二人の蹴りを参考にすべきかと思います。

ブルース・リー VS スコット・アドキンス


両者とも、初速が非常に速く、
全身でぶつかるように蹴り飛ばします。

蹴る位置もポイントで、相手の内臓へダメージを
与えるというよりは、派手に吹き飛ばす目的なので、
やや下方部から胸元を狙っているのが分かりますね。

基本的に無駄なモーションが無いので、
相手から見ると、槍が飛んでくるような
錯覚すら覚えるかと思います。

綺麗にはいれば、多少の体格差を覆して
相手を飛ばすことも可能なので、距離取りの
一手段として、練習してみましょう。



スポンサーサイト

テーマ : 格闘技
ジャンル : スポーツ

遠距離からの足止め蹴り技。膝を狙った下段横蹴り。

相手の接近を止める手段として「踏み蹴り」がありますが、
距離が離れてる場合はリーチが足りないことがあります。

そこでもう一つの選択肢として、今回は「下段横蹴り」をご紹介します。


■ メリット・デメリット

「下段横蹴り」とは、相手の前足膝を狙って蹴る横蹴りの一種です。

メリットは、腰を返すのでリーチが長く、
遠距離から接近する相手を止められる点にあります。

 参考動画:前足で相手の前膝を止めてしまいます。
 

欠点(デメリット)は、「踏み蹴り」と違って、
腰が返るぶん、モーションがやや大きいことと、
後続の攻撃に派生させにくいことです。


■ 蹴り方・狙う場所

1.蹴り方

 つま先を内側に倒して、相手の膝を足の裏全体で押すように蹴ります。
 
 狙う位置が低く、的も上段や中段よりも小さいので、
 あまり「蹴ろう!」と意気込んでしまうと、外れてしまう恐れがあります。

 相手の前進に合わせて、足を置くような感じで狙いましょう。


2.狙う場所

 これも「踏み蹴り」同様に、膝の皿部分より少し上の方を狙います。
 
 膝の絵

 膝の皿を直接狙ってしまうと、堅い骨に弾かれるので、
 あまり効果が無いばかりか、タイミングが悪いと、
 反動で吹っ飛ばされる恐れもあります。

 ただし、頑丈な靴を履いている場合は、
 蹴る側にも硬度があるので、ある程度適当に蹴ってしまって問題ありません。


「踏み蹴り」同様に「下段横蹴り」も、
きちんと蹴れれば嫌らしいカウンターとして活用できます。

やはり思い切り蹴ってしまうと、相手に怪我をさせてしまうので、
練習中は蹴り込んだりしないよう、十分に注意しましょう。

今回も、特に靴を履いている場合は用心してください。


テーマ : 格闘技
ジャンル : スポーツ

後ろ廻し蹴りと併せて覚えておきたい蹴り技、後ろ廻し足刀蹴り

前回、後ろ廻し蹴りの具体的な注意点をご紹介しましたが、
その後ろ廻し蹴りとセットで覚えておきたいのが、後ろ廻し足刀蹴りです。

後ろ廻し足刀蹴りとは、360°回転して相手を蹴るのは後ろ廻し蹴りと同じですが、
蹴り出し方が直線的で、槍のように相手に差し込む蹴りです。

 参考動画:槍のように腹部に刺さります。
 

※ 英語だと、いわゆる後ろ廻し蹴りを「back spin hook kick」、後ろ廻し足刀蹴りを「spin back kick」と表記することがあるようです。

メリット・デメリットは、後ろ廻し蹴りとほぼ共通ですが、
膝を抱えて蹴ることで、相手から見て攻撃武器が見えにくくなるうえ、
裏拳や後ろ廻し蹴りと勘違いすると、がら空きの腹部に蹴りが決まることもあります。

狙う場所も「上段(顎)」「中段(腹部みぞおち)」「下段(膝)」と、
上段・中段・下段をそれぞれ狙うことができ、蹴った後の体勢も
相手側にベクトルが向いているので、コンビネーションを続けることも可能です。

実戦でもこれが決め手になったケースも多いので、
後ろ廻し蹴りの練習をする際には、セットで試してみてください。


最初のうちは、後ろ廻し蹴りのモーションで、
最後に真っ直ぐ相手に足を繰り出せば、OKです。



テーマ : 格闘技
ジャンル : スポーツ

カテゴリ
プロフィール

蹴り技ポータル

Author:蹴り技ポータル
蹴り技情報を配信。

中の人は普通の三十路サラリーマンで、中国拳法と軍隊護身術メインに修行中。

ただし紹介する蹴り技は特に流派問わずです。

YouTubeにて蹴り技に挑戦中ですが…まだまだ未熟です。

YouTubeチャンネル

なお、当サイトの内容は、管理人の知識と経験に基づいたものであり、効果と安全性を保障するものではありません。
もし実践される場合は、各自自己責任で行って下さいませ。何卒ご了承下さい。

著作権フリーBGM配布サイト HURT RECORD 応援バナー

twitter
おススメサイト更新情報
お勧めリンク
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
266位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
格闘技
14位
アクセスランキングを見る>>
アクセス数
メッセージフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。