スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

強烈な畳み掛ける「飛び膝二連蹴り」

膝蹴りは堅い骨を鋭利な角度で叩き込む
強力な蹴り技ですが、なかでも、全体重を
膝越しにぶつける「飛び膝蹴り」は強烈な威力を誇ります。

飛び膝蹴りに慣れていない相手だと、
突っ込んでくる勢いに押されて、
ガードごと突き飛ばしてしまうことも可能です。

この「飛び膝蹴り」を更にトリッキーに
したのが「飛び膝二連蹴り」です。

蹴り方としては大きく分けると、
下記の2パターンになります。

 1.空中で二回蹴る蹴り方。
 2.一打目の着地と同時に蹴る蹴り方。

1.は一打目を囮にして、手が下がったところに、
顔面に叩き込むなど、フェイント的な要素が強くなりますが、
慣れないうちは空中での姿勢制御が課題になります。

2.は一打目のフォローとして使うことが多く、
外した後に相手に組み付いて蹴る場合が多いです。

参考動画


何れの場合も、一打目を見切られてしまうと、
飛んだ段階でサイドに逃げられたり、潰されることがあるので、
悟られないような飛び方や、サイドに逃げられた場合のことも考えておきましょう。




スポンサーサイト

テーマ : 格闘技
ジャンル : スポーツ

タックルに対するスプロールからの膝蹴り

格闘技・喧嘩問わず厄介な攻撃にタックルがあります。

体格のいい相手が、自分の腰めがけて組み付いてくるだけでも脅威ですが、
ここから更に押し倒されたり、足を掬われると相当に危険です。

 ※ 熟練者のタックルは極めて防ぎにくいです…
 

踏ん張って防御しても足を取られるので、
タックルに対しては、足を後方に放り出して、
相手の上に覆いかぶさる「スプロール」という防御方法が有効です。

 ※ スプロールの動作
 


うまくスプロールで相手を押し潰した場合、
更に相手が前進して抵抗したりする可能性があるので、
早急に手を打ちたいところですが、下手に組み付くのは危険です。

この場合、相手を上手く押しつぶした場合、
ちょうど、頭が胸から腹部近くに入り込んでいるので、
膝蹴りを活用するケースが多いです。

本当は、肘やパンチの方が打ちやすいのですが、
相手を拘束している腕を一時的に開放することになるので、
できれば、相手を押し潰した状態で膝蹴りが出せるようにしましょう。

慣れないうちは、両足を寄せて蹴ってしまいがちですが、
これをやると威力が全くでないので、両足をきちんと伸ばして、
中足で地面を踏みしめ、勢いよく膝を叩きつけると良い感じです。

膝を叩き込んで相手が怯んだら、
直ぐに離脱して逃げましょう。

タックルは慣れないうちは非常に防御しにくいですが、
慣れてしまえば反撃を決めることも可能です。

スパーなどに混ぜてみましょう。



テーマ : 格闘技
ジャンル : スポーツ

攻めているときほど用心する。反撃のリスクを減らすための膝蹴り引き足。

蹴り技は、基本的に片足になってしまうという欠点を抱えているので、
蹴った瞬間に素早く足を引いて戻す「引き足」の練習が欠かせません。

特に膝蹴りの場合、相手と距離が近いので、
蹴った足の引きが遅いと、相手に抱え込まれてしまうリスクがあります。

相手にとっては脅威であると同時に、抱え込みやすいチャンスでもあります。
膝蹴りのリスク

さらに至近距離で組み付いて蹴る場合は、
こちらも体力をそれなりに使うので、
引き足が雑になりがちです。

相手にチャンスを与えて、
自分を危険にさらさないためにも、
素早く足を引く癖をつけましょう。

なお、足を引く癖をつけてしまえば、
膝蹴りのキャッチを狙った相手に対して、
引いてから2撃目を叩き込めます。

普通の打撃と同じように、当たった瞬間に力を入れると、
自然と足がある程度戻るようになるので、意識してみてください。



テーマ : 格闘技
ジャンル : スポーツ

カテゴリ
プロフィール

蹴り技ポータル

Author:蹴り技ポータル
蹴り技情報を配信。

中の人は普通の三十路サラリーマンで、中国拳法と軍隊護身術メインに修行中。

ただし紹介する蹴り技は特に流派問わずです。

YouTubeにて蹴り技に挑戦中ですが…まだまだ未熟です。

YouTubeチャンネル

なお、当サイトの内容は、管理人の知識と経験に基づいたものであり、効果と安全性を保障するものではありません。
もし実践される場合は、各自自己責任で行って下さいませ。何卒ご了承下さい。

著作権フリーBGM配布サイト HURT RECORD 応援バナー

twitter
おススメサイト更新情報
お勧めリンク
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
348位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
格闘技
16位
アクセスランキングを見る>>
アクセス数
メッセージフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。