スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スーツ&木刀で蹴り技コンビネーション

スーツ&木刀で蹴り技コンビネーションに挑戦しました。



私自身が刀の扱いがそこまで得意でないうえ、
スーツで体が拘束されてしまうため、
ついつい諸手で握りしめて力んでしまう状態に・・・

力んだ状態を制御して、普段通りに蹴ることが
ここまで難しいとは思いませんでしたが、
個人的に楽しかったので、また挑戦したいですね。

尚、今回はスローモーション(だいたい0.75倍速くらい)パートも入れています。

構成1
直立状態から、掌底・柄突き・右のサイドキックを経て、飛び上がりつつ抜刀。そこから、中段に小回し蹴りを入れつつ飛連蹴に派生して、回転しつつ斬り付け〆。いきなり忙しい構成ですが、最初の掌底・柄突き・右のサイドキックはワンツーサイドキックの応用だったり、わりと普段使う動作を組み込んでいます。

構成2
抜刀してから突き・振り下ろし・斬り払い・飛び後ろ回し蹴り・着地してもう一回後ろ回し蹴り。その後は、諸手で斬り下ろし・斬り払い。突き・振り下ろしはよく使う構成ですね〜これもジャブ2連の応用だったりします。飛び後ろ回し蹴りはもっと綺麗に蹴りたいですね。。。

構成3
左サイドキック・斬り下ろし×2から回転斬り払い。格闘ゲームとかでよく見るコンビネーションですが、割と体の動きに無理が無い構成です。これもサイドキック・踏み込み突きなど素手のコンビネーションの応用でできます。

構成4
斬り下ろし・踏み込み柄突き・サイドキック×2・斬り払い。踏み込みの際に重心が浮くと蹴りが出ません。

構成5
諸手突き・踏み込み柄突き・バックアッパーキック・回転縦斬り・垂直斬り上げ・サイドキック・飛び回し蹴り。
回転縦斬りから垂直斬り上げの際に腰を入れると綺麗に派生できます。腕力で上下に動かそうとすると遅くなるので要注意。

構成6
振り返りつつ斬り下ろし・斬り下ろし・踏み込み軌道変化蹴り・飛び回し蹴り・斬り払い。
踏み込み系の動作をコンビネーションに入れる場合、重心が浮きがちなので沈むようなイメージを持つと安定します。

構成7
突き・差し替え斬り下ろし・斧刃脚(踏み蹴り)・派生サイドキック・斬り払い・斬り下ろし・後ろ回しサイドキック。
踏み蹴りはこの手の場面で使う蹴りではないですね…本当は接近してきた相手へのストッピングや超接近戦での奇襲に使いますが、派生させると見栄えがいいので動画でもよく使います。



スポンサーサイト

ヌンチャク&スーツで蹴り技動画

ヌンチャク&蹴り技連携をスーツでやってみました。

構えは右前でヌンチャクを素早く振り抜けるようにしています。



構成1
振り抜きから体当たりをしてバックアッパーキック→飛び振り抜き。
体当たりからのバックアッパーキックは見えにくいので練習して損は無いですね〜

構成2
柄突きから振り下ろし、左手に持ち替えつつ飛びかかって後ろ回し蹴り。
飛びかかる場合、あまり高さを出さない方が安定します。

構成3
縦に構えてからカウンターの柄突きサイドキック、踏み込みつつブラジリアンキック。
ヌンチャクで攻撃を打ち払うというより、受け流すようにした方が上手く行きます。

構成4
前足の牽制蹴りから連続柄突き、サイドキック。サイドキックからは飛び上がりつつ振り回して飛連蹴で〆
ちょっと慌ただしい構成ですね…連続でジャンプするので安定させるのが難しいです。

構成5
水平に構えてフロントキック。諸手突きを2回繰り出してから斧刃蹴り派生ハイキック。
諸手突きは重心を落として踏み込まないと威力が出ません。

構成6
掌底から風車回しで踏み込みつつ、二段蹴りと飛び振り抜きで〆。
前方に踏み込む場合、沈み込むように入っていく方が後続のアクションに派生させやすいです。

構成7
飛び込み振り抜きからハイサイドキック、回転して下段をヌンチャクで打って諸手突き→ハイキック。
上段下段と狙いを大きく分けていくと幻惑効果が高くなります。

構成8
ボディブロー派生肘打から少し溜めて突き→ハイキック
溜めのときに重心を後ろに振り分けると突きに体重を乗せやすくなります。




木刀&蹴り技コンビネーション

今回は木刀&蹴り技のコンビネーション練習です。

本来、木刀は腰を据えて振るうものなので蹴り技を無理に組み込む必要はありません。

ただ、重心安定のトレーニングとしては有用です。



以下、簡単なコンビネーション解説です。

1.突き・振り下ろし・サイドキック・切り払い・後ろ回し蹴り
1回目は切り払いまで、2回目は更に後ろ回し蹴りに派生。回転のときに切り払いの勢いでバランスを崩しがちなので、重心をいつも以上に落として回ると安定しやすいです。切り払いの速度が出るほど蹴りの派生に安定が求められます。

2.飛び込み突き・ハイキック・切り払い・切り下ろし
飛び込み突きとハイキックの間隔が空かないよう、飛び込みはあまり高度を出さない方が良いです。
飛び込み系の高度が出ると着地も遅れるので、高さよりも距離を意識しましょう。

3.突き・振り下ろし・踏み込み掌底・二段蹴り・突き込み
掌底の踏み込みは振り下ろしを下がって避けた相手を追うイメージで出すとリーチが出ます。
続く二段蹴りもあまり間隔を空けないようにしましょう。

4.切り払い・ハイキック・飛び回し蹴り・逆袈裟
飛び回し蹴りの後は同じ方向に回転して切り下ろしでも良いです。
回転に自信がある方はどちらも出来るようにしましょう。

5.前進しつつ逆風車回し・サイドキック・回転切り払い・切り下ろし
逆風車回しに夢中になると重心が浮いてくるので、沈むように歩を進めましょう。
逆風車回しの〆に突き込みを入れてもOKです。

6.柄突き・踏み蹴り・派生ハイキック背面突き・逆袈裟
柄突きはレバーの辺りを狙い怯んだ相手の膝めがけて踏み蹴りを出すイメージです。
素手のコンビネーションでも左の牽制から派生させるコンビネーションですね。

7.中段掌底・ハイキック・脚払い・振り下ろし突き
中段掌底は相手の左肋骨下を狙うようにして、防いだり怯んだ相手の顔面へハイキック。
更に顔に意識の行った相手の足下をすくう感じで切り払います。

8.ブラジリアンキック・回転突き・派生突き込み・切り下ろし
ブラジリアンキック後の回転突きは、あまり脇をあけない感じで繰り出すと背中が目隠しになって非常に防ぎにくい突きになります。
逆に脇をあけすぎてしまうと、大振りになるのでアッサリ見切られます。

9.前進しながら風車回し・ローキック・派生掛け蹴り&切り払い
風車回しは重心を落としながら前進。ローキックは派生させますがしっかり振り抜きましょう。
派生の掛け蹴りと切り払いを同時に出すとブロックしにくい攻撃になります。

10.突き・切り下ろし・切り払い・飛び後ろ回し蹴り・適当にコンビネーション
突き〜切り払いのコンビネーションは重心を落としておくと、飛び後ろ回し蹴りのためのタメが作れます。
逆に重心が高いと、一度沈まなくてはならなくなるため、コンビネーションスピードが落ちてしまいます。

11.踏み込みハイサイドキック・振り抜き
高いところを蹴る場合、重心が高くなると派生やフォローが効かなくなります。
高いところを蹴る場合であればあるほど、重心をしっかり落とすと良いです。


カテゴリ
プロフィール

蹴り技ポータル

Author:蹴り技ポータル
蹴り技情報を配信。

中の人は普通の三十路サラリーマンで、中国拳法と軍隊護身術メインに修行中。

ただし紹介する蹴り技は特に流派問わずです。

YouTubeにて蹴り技に挑戦中ですが…まだまだ未熟です。

YouTubeチャンネル

なお、当サイトの内容は、管理人の知識と経験に基づいたものであり、効果と安全性を保障するものではありません。
もし実践される場合は、各自自己責任で行って下さいませ。何卒ご了承下さい。

著作権フリーBGM配布サイト HURT RECORD 応援バナー

twitter
おススメサイト更新情報
お勧めリンク
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
414位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
格闘技
24位
アクセスランキングを見る>>
アクセス数
メッセージフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。